一目均衡表で見る上昇パターンとスクリーニング【三役好転】

日経平均は連休明けから大きく上昇してスタートしました。個別株も上値が重いながらも徐々に買われてきています。そこで今回は一目均衡表の上昇パターンである三役好転の見方とスクリーニングを解説します。

一目均衡表は様々な見方がありますが、特に三役好転はもっとも代表的なシグナルです。まずはチャートで確認していきましょう。

この上昇パターンは、一目均衡表にて三役好転を確認してから、大きく上昇しているパターンとなります。三役好転とは以下の条件になります。

1 転換線が基準線よりも上にある
2 遅行スパンが日々線を上回っている
3 株価が雲を上抜けている

これらの条件が揃うと三役好転となって、株価は上昇転換となります。株価の動きというのは、下降トレンドになると雲の抵抗帯を下抜けて推移し、基準線や転換線も下回って動きます。その後に株価が反発をして、基準線を上回ってくると、底打ち感が強まります。最終的に雲を上抜けてくることで株価の抵抗がなくなり上値が非常に軽くなります。これが三役好転の流れです。

一目均衡表は下降トレンドから底打ちし上昇転換するまでの流れが、まさに一目でわかります。この基本的になテクニックを覚えておくだけでも、十分に利益を狙うことができます。また株の達人では三役好転した銘柄を見つけることもできます。今回はこのようなポイントを動画で解説しておりますので、ぜひご覧ください。

 

 

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), 一目均衡表 パーマリンク