【空売り】高値圏から下落するチャートパターン

NY市場の下落に比べて日経平均株価は底堅く推移はしていますが、マザーズ指数は高値圏から下落しており、新興小型株を中心に売られています。そこで今回は、高値圏から下落する空売りのチャートパターンを解説いたします。

株価の上昇トレンドの際は、25日移動平均線や75日移動平均線が上向きで、高値を更新しながら上昇していきます。ただし上昇期間が長続きしますと、大きく値崩れて下落する可能性が高くなります。その目安としては、25日移動平均線を株価が下抜けると、下降転換のシグナルとなります。

このチャートパターンのように、上昇トレンドが長続きした状態から、25日移動平均線を割り込んで下落しており、高値圏から下降転換しているパターンとなっています。また合わせて株価の上下の動きを確認すると、3段上げとなっていることがわかります。上昇トレンドはこのように3段上げになると、長期的な利益確定売りが出やすくなり、トレンドが崩れる可能性が高まります。

このように株価が上昇し続けた後に空売りなどを狙う場合は、25日移動平均線に着目して、下回ったところからエントリーすると、勝率を高めることができます。今回は、このような空売りのポイントを動画で解説しました。ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: 移動平均線, 空売り パーマリンク