パラボリックとMACDを組み合わせた売買ポイント

日経平均株価やTOPIXも横ばい状態で上値が重い中で、各個別株の動きも動きが鈍くなっています。今回はパラボリックとMACDを組み合わせた売買ポイントを解説いたします。パラボリックは単体でも十分に売買の判断が可能ですが、MACDを組み合わせると、より精度を高めることができます。

パラボリックは放物線という意味があり、株価の上昇と下降の動きを捉えるための指標となります。SARと言われる点線が株価よりも上にあれば下落、下にあれば上昇となります。ただし、これだけでは株価が保ち合いの状態など、トレンドが発生していない状態では、頻繁に転換を繰り返してしまうリスクもあります。

そこでMACDを加えて見ることで、MACDのウロスとパラボリックの転換点を同時にシグナルとして、ダマシも防ぐことができます。またMACDが横ばいの時は、トレンドが発生していないため、パラボリックが転換しても上昇していないところも確認ができます。

今回はこのようなMACDとパラボリックの組み合わせた売買ポイントを動画で解説いたしました。

カテゴリー: MACD, パラボリック パーマリンク