ボリンジャーバンドでわかる株価が上昇するポイント

日経平均株価は28,000円の節目手前で上値が重い動きとなっていますが、現在は第1四半期の決算発表集中時期のため、決算絡みで買われる銘柄が増えています。そこで今回はボリンジャーバンドを使った株価が上昇するポイントを解説いたします。

ボリンジャーバンドは株価が急騰するポイントが視覚的にわかりやすく、初心者にもお勧めのテクニカル指標です。ボリンジャーバンドには、エクスパンションと呼ばれるバンドが大きく拡大しながら上昇していくパターンがありますが、これを事前に判別することで、株価がする初動を捉えることが可能となります。

この急騰パターンのように株価がボリンジャーバンドの+2σ(黄色)を上抜けると、バンドが大きく拡大しながら上昇していることがわかります。また株価が+2σを上抜けてからは、ほぼ一方向に上昇しており、強く買われています。もちろん全てが同じように上昇するわけではありませんが、バンドが拡大し続ければ短期間で大きく急騰することも多いパターンとなります。また株の達人では、このようにボリンジャーバンドの+2σを上回ってきた銘柄も簡単に見つけることができます。

また株の達人の銘柄選択では、ボリンジャーバンドの上抜けだけでなく、業績の条件も加えることができるため、今のような決算発表の集中時期にもおすすめです。今回はこのようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひ御覧ください。

 

カテゴリー: テクニカル指標, ボリンジャーバンド パーマリンク