転換足とRCIを使った押し目買いのテクニック

今回は転換足とRCIを使った押し目狙いのポイントについて解説いたします。現在のように、全体相場が上向いてくると、これまで株価が下落してきたところから、反発しはじめる銘柄が増えるので、押し目買いはお勧めのテクニックです。押し目買いとは、長期的に上昇局面にある際に、株価が下落調整したところを狙って買う方法です。チャートを確認してみましょう。

このように上昇トレンドでは、移動平均線が株価そ下支えするため、ある程度下落しても、株価は下げ止まる可能性が高いです。その下げ止まりのポイントをRCIと転換足を使って見極めます。それぞれのテクニカル指標には必ず得意分野があります。移動平均線ならトレンドや抵抗線としての役割、RCIは株価の買われすぎ、売られ過ぎの判別、転換足は方向の転換点です。押し目買いはタイミングを取るのが難しいと言われますが、しっかりとテクニカル指標を確認すると、タイミングを掴むことができます。

本日は、このようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください!

カテゴリー: 未分類 |

【おまかせ売買ロボ】最適な売買条件の選び方

今回はおまかせ売買ロボにおける最適な売買条件の選び方を見てみましょう。

おまかせ売買ロボには、お勧めの売買条件として標準条件をご用意しています。その中から最適な条件を見つけるには、チャートに表示される売買サインと、株価の動きが合っているかどうかを確認する必要があります。

しかし、それだけでは、実際に売買した場合に利益になっているかどうかがわかりません。そこで、おまかせ売買ロボの「売買成績」を確認することで、サインどおりに売買したと仮定した場合の損益状況がわかります。

チャートの右側に表示されているのが、売買成績になります。重要なのは、上に表示されている4項目の「売買回数」、「期間勝率」、「期間損益率」、「期間損益合計」です。

売買回数は、チャート上に表示されているとおりに売買した場合の回数です。
期間勝率は、プラスになったトレードの割合を表した勝率です。注意点は、勝率が高くても、損益がマイナスになってしまう場合もあるということです。期間損益率は、トータルでの利益率、期間損益合計は1株あたりの損益幅(円)を合計したものです。

これらの4つの項目を見ながら、もっとも成績がよい条件を選ぶのがポイントになります。見た目上では、売買サインと株価の動きが合っているように見えても、実際の成績では、それほど利益が出ていないということもありえますので、しっかりと数値で確認することが重要です。

今回は、このようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 未分類 |

上値が軽く上昇しやすい銘柄の特徴

今回は上値が軽いく上昇しやすい銘柄の特徴を見てみましょう。上値が軽い銘柄として、日足で高値を更新しており、移動平均線も上向きの上昇トレンドというのが基本的なパターンとなります。高値を更新している状態というのは過去に今以上の高値で買った投資家がいない状態を表しており、その銘柄においては多くの人が儲かっている状態ですので、売り物が少なく、買いが買いを呼ぶように上昇していきます。

また日足だけでなく、週足や月足を確認していただくと、長期間での高値更新かどうかが確認できます。日足の数ヶ月間の高値を超えていても、長期的で見た際に高値があると、やはり上値が重くなる可能性もあります。

チャートで確認してみましょう。

こちらは、株の達人のマルチチャートにて、日足、週足、月足を表示した画面ですが、日足では直近で株価が急騰しており、転換足の赤が連続して上昇しています。このように上値が軽い要因には、日足だけでなく、週足でも上昇トレンドで高値を更新していたり、月足でも10年来の高値を更新しているため、過去に高値掴みした投資家が全くいない状態であることがわかります。

このような状態であれば、必然的に上値が軽くなりやすく、短期間で大きく上昇する可能性も高まります。今回は、このようなポイントを動画で解説させていただきましたので、ぜひ御覧ください。

 

カテゴリー: 未分類 |