株価下落は買いのチャンス!押し目狙いのコツ!

日経平均株価は方向性が鈍くなっています。先月から今月の決算発表にかけて上昇した銘柄も下落調整している銘柄も増えています。今回は、株価が下落して反発したタイミングを狙う「押し目狙い」について見ていきましょう。

押し目買いとは、株価が上昇トレンドの状態ある場合での、一時的に株価が下落したポイントを狙います。株価が上昇する際には、上下の波ができます。上昇→調整→上昇→調整を繰り返しながら、高値を超えていきます。

その中で、株価が一時的に安くなっている調整局面で、買いタイミングを狙うのが押し目買いです。そのため市場全体が下落調整してくるときほど、良い銘柄が見つかります。チャートで形を見てみましょう。

株価の波の調整局面は、RCIで見るのがお勧めです。RCIが下ってきたポイントでは、株価が調整入りし、RCIの値が-80%以下が押し目の底値水準です。また上昇の勢いが強い場合、RCIが-80%まで下がらずに上昇することもありますが、このように25日移動平均線や75日移動平均線が上向きで、中期的な上昇トレンドにある場合は、75日移動平均線付近まで下落することも多く、その場合はRCIが底値圏まで下がります。

いつも高値づかみをしてしまうという方は、そもそものタイミングが合っていないことが多く、RCIなどを使い押し目を狙うのがお勧めです。本日は、押し目買いのポイントと銘柄選択の方法を解説した動画をご紹介いたします。現在の相場状況からもお勧めのテクニックですので、ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: 未分類 |

短期スイングトレードのポイントと銘柄選び

決算発表を終えて、株価の方向が明確になってきています。本日はスイングトレードのポイントと銘柄選びの方法を見ていきましょう。

常々お伝えしているように、スイングトレードは、その名前のとおり、株価の揺れを利用して利益を上げるトレード方法ですので、株価の方向を見極めることが、もっとも大切になります。

株価の揺れを読むには、長期の方向と短期の方向を見ていきます。チャートの見方として、中期の方向は移動平均線で捉え、短期の方向は転換足で見ていきます。チャートで見てみましょう。

25日と75日移動平均線が上向きになっていれば、中期的に上昇傾向にあることがわかります。大きな流れで上昇方向にあれば、あとは短期の方向を確認します。転換足が赤であれば、短期的に上昇傾向にあり、より上昇が強いことがわかります。

また、スイングトレードにはエントリーの方法が2種類あります。転換足の基本的な考え方からすると青から赤に転換したポイントでエントリーしますが、上昇がしっかりとしているのであれば、赤が続いている途中でもエントリーしてかまいません。

本日は、このような売買方法と、スイングトレードに合わせた株の達人の銘柄選びの機能を、動画にて解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 未分類 |

転換足とRCIの組み合わせで最適なタイミングがわかる !

日経平均株価は最高値を更新し、上昇銘柄も増えています。また加えて決算発表の集中時期でもあるため、急騰している銘柄も目立っています。

本日は転換足とRCIの組み合わせることで、最適なタイミングと判断する方法を見ていきましょう。オシレーターと言われるRCIやRSIだけでは、十分ではありません。オシレーターに転換足を加えることで、より株価の動きを的確に判断することができます。

RCIなどのオシレーターは、あくまで高値や安値の「警戒感」だけを示すもので、実際にそこから株価が上がりやすいのか、下がりやすいのかは、転換足の色で方向を見ていかなければいけません。

チャートで見てみましょう。

例えば株価が上昇していった際に、RCIが高値圏であったとしても、すぐに株価が下落するわけではありません。RCIは+100%~-100%の範囲内でしか動きませんので、高値の水準まで来ているという警戒感はわかりますが、実際に株価の上昇(または下降)が続いていくと、上(または下)に振り切れてしまいます。そこで転換足を使って、目先の部分での方向感判断することで、最適なタイミングがわかるようになります。

RCIが高値圏であっても、すぐに手仕舞う必要はなく、転換足の赤が持続していれば、株価は上昇してきます。つまりRCIで警戒しながら、転換足で青がでるまで持ち越すことで利益を伸ばすこともできるわけです。

今回はこのようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 未分類 |