5分でわかるボリンジャーバンドのボックスパターン

日経平均株価は24000円を超えられず上値が重くなっていることから、個別株も動きが鈍ってきている銘柄が増えています。今回はトレンドがはっきりとしない銘柄にも有効な、ボリンジャーバンドのボックスパターンを見ていきましょう。

ボリンジャーバンドは、バンド幅が大きく拡大するトレンドフォローのパターンと、株価が一定幅で推移するボックスパターンの2つがあります。バンド拡大のパターンでは、見た目から大きくバンドが広がるので、比較的わかりやすいのですが、ボックスパターンの見極めが少し難しくなります。

まずボックスパターンではバンドの向きに注目します。バンドの拡大期と比較すると、一定幅で横向きになっていることがわかります。また中心線も同じく横向きになっていることでも判断ができます。ボリンジャーバンドがこのパターンになると、概ね±2σの範囲内で動くことになります。

そのため基本的な買いパターンとしては、バンドが横向きになった場合に株価が-2σまで下落したタイミングを狙います。万が一、-3σの方まで下落した場合は損切りとなりますが、反転してくれば+2σ付近までの利益狙うこともできます。

また注意しておきたポイントとして、±2σの値幅を確認することです。それによってボックスパターンで狙える利益が概ねわかります。今回はこのようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, ボリンジャーバンド |

初心者でもわかる移動平均線の基本的な見方

日経平均株価は、先週の急落から反発しており、個別株も買い戻されてきています。今回はテクニカル分析初心者の方でもわかる移動平均線の基本的な見方について解説いたします。

移動平均線とは、設定した期間の終値の平均値をつなげた線のことです。また移動平均線は1本の線で使うのではなく、短期、中期、長期の3つの線に分けて見ていきます。それによって現在のトレンドと、トレンドの転換ポイントが判断できます。まずはチャートで見てみましょう。

このチャートでもわかるように、短期間で株価が上下しているところを見ると、10日移動平均線と25日移動平均線が上向きでは短期上昇トレンド、下向きでは短期の下降トレンドになっていることがわかります。また25日と75日移動平均線の向きを見ると、中期的なトレンドが判断できます。75日と200日移動平均線では、さらに長期のトレンドも判断できます。

また移動平均線は、それぞれのトレンドの転換点もわかります。これはゴールデンクロスやデットクロスとも呼ばれていますが、各2本の移動平均線が交差することで、そこがトレンドのスタート地点となります。

またトレンドが転換する順番としては、まず最初に10日と25日の短期移動平均線がクロスし、その後に25日と75日の中期移動線、最後に75日と200日の長期移動平均がクロスします。そのため、例えば大きな上昇トレンドに発展するかどうかは、短期から長期までの移動平均が順番にクロスしていくかどうかを確認しながら、ポジションを持続させることになります。

今回は、このような移動平均線の効果的な分析方法を初心者の方でもわかるように、動画で解説いたしました。ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: テクニカル指標, 移動平均線 |

初めてでもわかるRSIの効果的な見方

日経平均株価は、24000円の高値をつけてから上値が重くなっており、個別株も下落調整している銘柄が増えています。本日は初めでもわかるRSIの効果的な見方について解説いたします。

RSIは個人投資家にも非常に人気のあるオシレーター系指標のひとつです。上昇と下落の値幅の合計に対して、上昇値幅が何%あるのかを示した指標です。RSIは一般的には、30%まで下がると下落幅が大きいため売られすぎといわれ、70%以上まで上昇すると買いの値幅が大きいため、買われすぎとなります。

下に表示されているのが、14日RSIとなりますが、30%以下になると株価が売られすぎ状態となっており、そこから反発している状況がわかるかと思います。ただし、6月から9月の動きを見ると、RSIが30%以下になっても株価は下がり続けている局面があります。

これは、RSIは買われすぎ売られすぎだけを判断するだけでなく、中間地点50%ラインを中心にトレンドの持続性を判断することができます。そのためRSIが30%を下回った後に反発しても、RSIの50%を上回ることができないと、そのまま下降トレンドとなってしまうことがあります。

そのためRSIではエントリーした後にも値を確認しながら、50%を上回るかどうかを見ていくことが大切です。またその際に、RSIにトレンドラインを引くと下降トレンドから上昇トレンドに転換するポイントも捉えることができます。

今回の動画では、このようなRSIの見方のポイントを解説させていただきました。初めてでも、わかりやすい内容なっていますので、ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: テクニカル指標, RSI |