個人投資家が上昇トレンドに乗れない理由

日経平均株価は、日々高値を更新しており、強く上昇しています。個別株も上昇を強めている銘柄も増えています。しかし実際には、今回の上昇トレンドに乗れていない投資家も多いのではないでしょうか。今回は、個人投資家が上昇トレンドに乗れない理由をチャート分析の観点から見ていきましょう。

株価が上昇トレンドの時は、移動平均線が右肩上がりになります。せっかくよい銘柄で仕掛けても、そのトレンドに乗ることができず、早めに売ってしまったり、損切りしなくてよいところで売ってしまったりという方も多いかと思います。

株価が上昇局面に入っていても、近視眼的にみれば日々、上昇と下降を繰り返しています。上昇トレンドにのれない理由として、目先の動きにばかり囚われてしまっていて、大きな上昇トレンドの流れを認識できていないという理由が上げられます。

上昇したチャートを後から見ると、せっかく買ったのになぜ売ってしまったのかわからないといういことがよくあります。株価の動きというのは、ご自身が利益なっているのか、損しているかの状況とは、全く無関係に動きます。しかし人間は、自分の利益の増減の方を、チャートの動きよりも優先してしまうため、株価の動きに対して都合よく考えてしまいます。

個人投資家が上昇トレンドに乗れない理由には、チャートのトレンドよりも、目先の利益や恐怖感を優先してしまうためといえます。株価の動きは、短期的な買いと売りのバランスによって上下していますので、その動きに翻弄されてしまっては、大きなトレンドに乗ることはできません。

今回は、このようなポイントを動画で解説させていただきました。ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: 未分類 |

出来高からわかる株価の上昇と投資家心理

本日は出来高からわかる株価の上昇と投資家心理について見てみましょう。

出来高は、その銘柄がどれだけ活発に売買されているかを表しています。出来高が急激に増えたとうことは、それだけ注目されているということになり、減ってきた場合は取引量が少なくなっているため、注目度がなくなっているということになります。

しかし出来高が多かったということは、そこで買った人たちも多いということになり、株価が動かないか下ってきてしまうと手放す人も多くなります。多くの銘柄は、そのような出来高の増減を繰り返しながら、株価が上下します。チャートで見てみましょう。

株価の動きというのは、上昇しそうだと思うと一斉に買い殺到し、ダメそうなら一斉に損切りや狼狽売りをするため株価が下がります。しかし上昇の勢いが強い銘柄というのは、出来高が少なくなって下落しても、ある一定のところで下げ止まって、再び上昇しはじめます。

やはり上昇の波に乗るには、たとえ出来高が少なくなって取引量が減ったとしても、再び買い直すくらいでなければ、利益になりません。出来高が少ないにも関わらず、株価が下落しないということは、相対的に売り物が少ないということになるため、いずれどこかのタイミングで上昇する可能性が高くなります。

本日は、このような出来高と投資家心理の関係を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 未分類 |

転換足で捉える短期上昇の買いポイント

日経平均株価は今週も最高値を更新し、強く買われています。市場全体に安心感が広がり、積極的な買いの資金が入ってきています。また日本は衆院選も控えています。「選挙は買い」とも言われますので、株価は先取りして上昇しはじめているのかもしれません。今回は、転換足を使った短期上昇銘柄の買いポイントについて見てみましょう。

短期上昇銘柄というのは、移動平均線が右肩上がであることは、以前から何度もご説明しているとおりです。短期移動平均線から順番に上から下に並んでいるのが、最も上昇の勢いが強い状態となります。

株価の上昇の勢いというのは、この移動平均線の順番と角度で決まります。そのため、株価の移動平均線の状態を確認した上で、エントリーポイントを探っていくのが基本となります。

短期上昇パターンの移動平均線
・10日、25日、75日移動平均線が上向きの上昇トレンド
・短期移動平均線から順番に上から並んでいる

以上の状態を確認した上で、転換足が陽転したポイントを狙います。その際に転換足が1日から3日程度、青が続いた状態から赤に陽転することが多いのです。逆言えば、短期上昇パターンで、転換足が数日で陽転するような銘柄というのは、それだけ上昇しやすいという特徴があります。チャートで見ておきましょう。

短期で上昇する銘柄は、ほぼ必ずこのようなチャートパターンとなります。株価が上昇する際にも、毎日のように上昇する銘柄であればよいですが、多くの場合、途中で小休止的な調整が入ります。数日間の保合いであったり、ちょっとした下落調整となりますが、その際に一時的に転換足が青になります。

短期間で上昇する銘柄は、小休止の後に再び上昇し始めます。そこが、エントリーのタイミングとして、一番おすすめのポイントになります。今回は、このようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

 

 

カテゴリー: 未分類 |