損切りは早く利食いは遅くするチャートの見方

本日は、順張りトレードの鉄則として、利食いは早く、損切りは遅くとよく言われます。しかし、実際には心理的抵抗があるため実行するのは難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。この格言を実行するためのチャートのポイントを見ていきましょう。

トレードをしていくと、損失は認めたくないが、利益は確実にしたいという欲求が必ず起こります。これは、人間の心理として、避けることのないものです。そのため、株価の値動きだけを見ていては、結果的に損切りが大きくなり、利益が小さくなっていきます。

株価が上昇した後からみれば、持っていればよかったと言うことはできますが、実際にその時には利益を無くすかもしれない恐怖感で、早くに売ってしまいます。損切りを早くできる方は多いと思いますが、問題は利益を伸ばして持ち続けるということが難しいのです。

これは、最近上昇が続く任天堂のチャートです。

移動平均線の傾きが上向きで、上昇が続いているにも関わらず、高値圏だと感じてしまうのは、目先の利益が減ってしまうかもしれないという心理的な理由からです。転換足は、赤が続くかぎり株価の方向は上昇するという意味ですが、トレンドフォローというのは、上昇が続く限り持ち続けて、利益伸ばさないかぎり、トータルでプラスにすることはできません。

この任天堂に関しても、結果的に後から見れば、持っていればよかったとなりますが、実際は持ち続けることができずに、早めに利食ってしまった方も多いのではないでしょうか。人間の心理と逆の売買をするには、一目でわかるようなチャートで客観的に判断できるようにならなければいけません。本日は、このようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 未分類 |

デイトレにおける前場で上昇しやすい銘柄の特徴

日経平均株価も今年の最高値を更新し、株価は上昇傾向を強めています。

今回は、デイトレにおける前場で上昇しやすい銘柄の特徴についてです。デイトレでは、特に前場で上昇しやすい銘柄を、いかに見つけるかが勝敗の鍵となります。

そこで、前場の特に寄り付きから上昇している銘柄と下落している銘柄を見ていくと、ある特徴があります。まず前日の動きに注目します。

・前日の特に後場に急騰している銘柄は、翌日は利食いがでやすくなり下がります。

・前日から5分足が下降トレンドの状態にあると、そのまま株価がさがります。

・前日の動きが、緩やかに上昇か、または横ばい状態ですと、翌日に上昇する可能性が高くなります。

前場の上昇で利益を狙うには、このように「上昇しにくい銘柄」をいかに省けるかがポイントとなります。今回は、このようなデイトレのポイントを解説させていただきましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 未分類 |

デイトレにおける1分足と5分足の使い分け

日経平均株価の動きが鈍るなか、小型株が賑わっています。今回は、デイトレにおける1分足と5分足の使い分けについて見てみましょう。デイトレでよくご質問いただくのが、1分足と5分足とどちらを見ればよいですかということです。

結論から言えば、1分足と5分足では、どちらが勝ちやすいというものはなく、使い分ける必要があります。通常の銘柄では5分足でも十分に間に合いますが、株価の動きが早い銘柄では1分足のほうがトレードしやすくなるかもしれません。

チャートで見てみましょう。

画像では左側が1分足で右側が5分足になりますが、短時間で急騰した銘柄などは、やはり1分足の方が判断がより早くできます。特に株価が天井を付けて下落し始める際の判断は1分足がお勧めです。

ただし、1分足は、株価の小さな値動きにも反応するため、細かなノイズを拾ってしまうかもしれません。そのため、1分足と5分足を見比べながらタイミングを取るのも良いかもしれません。今回は、このようなポイントを動画で解説いたしました。ぜひ、ご覧ください。

カテゴリー: 未分類 |