上昇トレンドになり始めたチャートパターンと銘柄選び

日経平均株価は23000円を上回って推移しているものの、依然として上値は重い状況が続いています。しかし個別株では新興株を中心に物色相場となっており、高値を更新しながら上昇している銘柄も多く見られます。今回は上昇トレンドになり始めたチャートパターンについて解説いたします。

上昇トレンドの状態とは、短期から長期までの移動平均線が全て上向きとなり、順番に並んでいる状態のことです。これをパーフェクトオーダーということもあります。その状態が続く限り株価が上下しながらも高値を更新していきます。

では「初動」とはどういう状態かというと、移動平均線が上向きになり始めたばかりの時期となります。上昇トレンドになる前に、必ず移動平均線が横ばいや下向きから、上向きに転換して上昇し始める時期があり、この状態を正確に捉えることで、上昇トレンドの初期状態で買うことが可能となります。

それではチャートで確認しておきましょう。

このチャートパターンでもわかるように、移動平均線が上向きになり始めてから、株価が右肩上がりに上昇していることが確認できます。とくに上昇トレンドになってから、25日移動平均線を下回らない状態で高値を更新しています。また上昇トレンドが長く続いていくと、各移動平均線が離れていることがわかります。

つまり移動平均線がゴールデンクロスしてから、各線がまだ離れていない時期を見つけるということが重要となるわけです。そこで株の達人の銘柄選択を使えば、このような上昇初動の銘柄も簡単に見つけることができます。今回はこのような見方と銘柄の選び方を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 移動平均線 |

ボリンジャーバンドとMACDを使った売買テクニック

日経平均株価は、23000円を超えてきましたが上値は伸びず、動きも鈍くなっています。しかし個別株は物色相場が続いており、小型株などを中心に強く買われている銘柄も目立ってきています。そこで今回はボリンジャーバンドとMACDを使って、株価が上昇し始めるポイントや見極め方を解説いたします。

ボリンジャーバンドは単体でも十分に使える指標ですが、MACDと組み合わせると、より売買判断がしやすくなります。特にボリンジャーバンドで上昇の初動を捉えた後に、MACDでトレンドの持続性を判断すると利益を伸ばすことも可能です。

それではチャートで見てみましょう。

このチャートのパターンではボリンジャーバンドが収縮してから拡大しながら株価が上昇していることがわかります。とくにバンドが収縮した状態から、株価が上昇しはじめるポイントを見つけることが重要となります。

上昇しはじめのシグナルとして、株価がバンドの上限を上抜ける場合が多いです。その後に中心線を下抜けずに、バンドの上限付近で推移します。その後に高値を更新しはじめて、株価が上昇していきます。またその後、株価は+1σに沿って上昇していきますが、これはバンドウォークと呼ばれる現象です。

加えてMACDではゴールデンクロスしてから、上向きの状態を維持していることがわかります。MACDは傾きによって株価の方向もわかりますので、これでトレンドの持続性を判断できます。最終的には株価が+1σを下回るか、またはMACDがデットクロスするとトレンドが終わりますので、そこで利益確定となります。

今回はこのようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: MACD, ボリンジャーバンド |

一目均衡表で見る上昇パターンとスクリーニング【三役好転】

日経平均は連休明けから大きく上昇してスタートしました。個別株も上値が重いながらも徐々に買われてきています。そこで今回は一目均衡表の上昇パターンである三役好転の見方とスクリーニングを解説します。

一目均衡表は様々な見方がありますが、特に三役好転はもっとも代表的なシグナルです。まずはチャートで確認していきましょう。

この上昇パターンは、一目均衡表にて三役好転を確認してから、大きく上昇しているパターンとなります。三役好転とは以下の条件になります。

1 転換線が基準線よりも上にある
2 遅行スパンが日々線を上回っている
3 株価が雲を上抜けている

これらの条件が揃うと三役好転となって、株価は上昇転換となります。株価の動きというのは、下降トレンドになると雲の抵抗帯を下抜けて推移し、基準線や転換線も下回って動きます。その後に株価が反発をして、基準線を上回ってくると、底打ち感が強まります。最終的に雲を上抜けてくることで株価の抵抗がなくなり上値が非常に軽くなります。これが三役好転の流れです。

一目均衡表は下降トレンドから底打ちし上昇転換するまでの流れが、まさに一目でわかります。この基本的になテクニックを覚えておくだけでも、十分に利益を狙うことができます。また株の達人では三役好転した銘柄を見つけることもできます。今回はこのようなポイントを動画で解説しておりますので、ぜひご覧ください。

 

 

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), 一目均衡表 |