おまかせ売買ロボを使った機械的トレードのポイント

今回はおまかせ売買ロボを使った機械的トレードについて見てみましょう。相場の方向性がわからない時ほど、テクニカルに従った機械的トレードが有効です。

一定のリズムを作って動いている銘柄で、タイミングを掴み、相場の状況などは考慮せずに機械的に売買を繰り返します。また一定のリズムを作っている銘柄とは、上昇と下降の波動が、はっきりと明確に形成されており、高値と安値の天底が判別しやすい銘柄のことをいいます。そのような株価の動きが上下にはっきりと動いている銘柄だけに絞って銘柄を選択し、テクニカル指標を使ってルール決めすることで、売買の迷いも無くなります。

また機械的トレードで重要なのは、感情的な判断を無視して、指標の状態だけを見ながら売買するということです。それ以外の思惑の判断が入ってしまっては、まったく意味がありません。相場の方向が難しいからこそ、余計な判断材料を入れずに、機械的なトレードに徹するということが大切です。

20160804-1

売買サインは直近の過去数ヶ月の動きと合っているかどうかが大切です。直前の株価の動きは、その後の株価の動きにも影響を与える可能性が高く、同じパターンで動きやすいといえます。売買の成績と直近の株価の動きを照らし合わせながら銘柄を選んでみましょう。本日の動画はこのようなおまかせ売買ロボを使った機械的トレードの方法を解説いたしました。ぜひご覧ください。

 

 

 

カテゴリー: おまかせ売買ロボ(売買サイン表示機能), 株の達人の機能のご紹介 パーマリンク