短期で狙う空売りのテクニックとポイント

今回は、短期で狙う空売りのテクニックを見てみましょう。空売りにも様々なテクニックがありますが、短期間で狙う際にはコツが必要です。

空売りは株価が高くなった銘柄を狙うのが基本となりますが、短期間で狙う場合は株価が下げ続けている途中で狙うのがお薦めです。短期間で狙う場合は、数日間ですぐに下がる可能性が高い銘柄を狙います。そのため現状目先で下げ続けている銘柄を狙って、下げ続けている間は持ち越ししていくことになります。また万が一反発した場合はすぐに損切りし、それを繰り返していくことになります。

チャートで見てみましょう。

このチャートのように、株価が短期的に下落しやすい銘柄というのは、最安値を切り下げている状態となります。また移動平均線も下抜けている状態ですと、損切りの連鎖によって、株価が下げ続ける可能性が高くなります。またその際に、転換足の色を見ていただくと、青が何日も続いているのがわかります。

その際にローソク足を見ていただくと、途中で陽線が出て上昇する日もあります。最安値を更新していても、毎日株価が下落するわけではなく、上昇する日もあります。しかし株価が下落しているという方向性自体が変わらなければ、短期的には株価が下がっていく可能性が高いといえます。そのため下降トレンドで最安値を切り下げているのであれば、基本的にはどこで仕掛けてもチャンスがあります。

本日は、このようなポイントで空売りのポイントを解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク