15分足で見る225先物デイトレのテクニック

日経225先物のデイトレでは、5分足や1分足を使うことが多いかと思います。しかし最近では小刻みな動きも多く、短い時間の足ではタイミングも取りにくいことも多いです。そこで今回は、ゆったりとしたトレードができる15分足を使ったデイトレのポイントを見ていきましょう。

先物の15分足では、1分足や5分足のように小刻みな動きをなだらかにして、株価の方向性が判別しやすくなります。その分、エントリーのタイミングがやや遅れる場合もありますが、売買の時間が長くなることで、売買回数も少なくなり、ゆっくりとしたデイトレが可能となります。

こちらのチャートはどちらも15分足となりますが、左側が転換足で右側はボリンジャーバンドを表示しています。15分足の転換足では、株価が上昇すると赤が連続しやすいことがわかります。同時に右側のボリンジャーバンドも合わせて見ると、株価が大きく動き出しているのかどうかが判断できます。15分足であれば、それほどスピードを要求されるこはないため、両方のチャートを見比べながら判断するのがお勧めです。

今回は、このような15分足を使った225先物のデイトレの売買方法を、わかりやすく解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

※動画でも使用しております分析ソフト・株の達人であなたのトレードをランクアップさせましょう!
分足表示、画面分割、そして売買ポイントが一目でわかる「おまかせ売買ロボ」機能を搭載。
トレンドラインを引いたり、好きな指標を出すのも操作は簡単!
→充実したチャート機能の株の達人マルチチャート

株の達人ソフト・無料お試しサービスで体験してください!

カテゴリー: デイトレ, 先物 パーマリンク