デイトレ銘柄が簡単に見つかる機能の紹介

日経平均株価は、21000円~22000円の間で、方向性が乏しい動きとなっています。現在のように相場全体の動きが読みにくいときは、個別株のデイトレに挑戦してみるのもお勧めです。そこで今回は、株の達人の機能の中で、毎日のデイトレ銘柄を簡単に見つけることができる、基調別銘柄群の「デイトレ銘柄(値動き大)」の特徴と使い方をご紹介いたします。

株の達人には基調別銘柄群といって、毎日様々な売買方法に合わせた銘柄を登録している機能があります。その中には 基調別の「デイトレ銘柄(値動き大)」という条件があります。デイトレ銘柄は、基本的にボラティリティが高い銘柄で、1日の値動きが大きい銘柄が登録されています。個別株のデイトレでは、1日の値動きの中だけで、利益を狙わなければいけいないため、値動きが活溌な銘柄を狙っていくのが基本となります。

また全銘柄の中でもボラティリティが高い銘柄は非常に数が限られているため、探すのも非常に時間がかかります。そこで、デイトレーダーから注目されている銘柄だけを選別して集めたのが基調別の「デイトレ銘柄」で毎日チェックしていただくのがおすすめです。

チャート画面で確認してみましょう。

こちらの画面は、株の達人マルチチャートの5分足です。基調別のデイトレ銘柄は、画面上部から簡単に設定することができ、わずか2クリックほどで、今日のデイトレ銘柄を見つけることができます。また選ばれた銘柄を、順番にチャートでチェックしていくことができるので、始めての方でも簡単に銘柄を見つけることができます。この中に出てくる銘柄の1分足や5分足の転換足を見ながら、買いタイミングを狙っていきます。

本日は、このような機能の特徴をわかりやすく解説しましたので、ぜひご覧ください!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク