転換足でわかる!空売りのタイミングと銘柄選び

日経平均は方向感が無いまま保ち合い状態を続けています。個別株に関しても全体としては上値が重い状況にはありますが、決算発表集中時期でもあるため物色相場となっています。それでは本日は、転換足を使った空売りのポイントを見ていきましょう。

転換足を空売りを狙う場合は、赤から青に陰転したポイントを狙っていきます。また同時に移動平均線の傾きが下向きとなっており、下降トレンドになっていることを確認した上で空売りのタイミングを狙っていくのが基本となります。チャートで見てみましょう。

またこのチャートのように、25日と75日の中期の移動平均線が下向きであれば、株価がある程度、反発上昇してもその後反落する可能性が高くなります。そのポイントを転換足の色の転換点で空売りを狙っていけば勝率も高くなります。

株価が下落する際は必ず上下の動きをしながら、下値を切り下げていきます。その上下の動き転換足で方向性を見極めてエントリータイミングを判断することが重要となります。

また株の達人では銘柄選択を使うことで、このように下降トレンドの状態にありながら、転換足が赤から青に陰転した銘柄を見つけることができます。今回はこのようなポイントを解説いたしましたので、ぜひ御覧ください。

 

 

カテゴリー: テクニカル指標, 転換足(株の達人オリジナル指標), 空売り パーマリンク