ストキャスティクスの見方とタイミングの取り方

日経平均株価は大台の29,000円を突破し、30,000円に迫るところまで上昇しています。個別株も決算発表が交換されて上昇を強める銘柄が目立ってきています。今回はストキャスティクスの見方と使い方について解説いたします。

ストキャスティクスとは一定期間の株価の最高値と最安値から、現在の位置を%で示した指標です。ストキャスにも種類が多くありますが、その中でも短期ストキャスティクスは、目先の株価の方向から押し目のタイミングを判断する際に有効です。基本的な見方は20%以下で安値圏、80%以上で高値圏と判断しますが、トレンドが強いほど短期ストキャスティクスの有効性が高まります。

このパターンのように移動平均線上向きで、25日移動平均線の線上で株価が推移している場合に、一時的に株価が下落したポイントで狙う場合に、短期ストキャスティクスを見ると20%以下の安値圏まで下落していることがわかります。株価の推移を見ても、目先で下がっていることは視覚的にはわかりますが、移動平均線の水準とストキャスティクスを同時に見ることで、そろそろ下げ止まりやすいというポイントがより明確にわかります。

今回はこのようなストキャスティクスの見方や使い方を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標 パーマリンク