5分足でわかる!デイトレで上昇しやすいチャートパターン

市場全体の動きが鈍る中で個別物色相場となっており、値動きが活発な小型株などに短期資金が集中しています。そこで今回は5分足でわかるデイトレで上昇しやすいチャートパターンを解説いたします。

デイトレの5分足で重要なのは、1日ごとのトレンドを確認するということです。特に重要なのは、寄り付き時点での株価位置や移動平均線の傾きとなります。

こちらは5分足のチャートになりますが、下の移動平均線を見ると、日によって上昇と下落のトレンドが変わっていることがわかります。そのため寄り付きから移動平均線と株価位置を見ながら、その日のトレンドを把握することが大事です。

寄り付きのローソク足が移動平均線を上回っており、移動平均線自体も上向きであれば上昇トレンドとなるため、転換足も赤が続きやすく上昇しやすくなります。また移動平均線を下回ってきた場合、やはり損切りの投げ売りもでやすくなるため、デイトレ的に買いでは利益が取れなくなります。

今回はこのようなポイントを動画でわかりやすく解説いたしましたので、ぜひ御覧ください。

 

カテゴリー: 転換足(株の達人オリジナル指標), デイトレ パーマリンク