市況環境に左右されない小型成長株の見つけ方

日経平均株価は軟調なNY市場や配当の権利落ちなどの影響から、30,000円を下回って大きく売られています。個別株も指数に釣られる形で値を下げている銘柄も増えています。今回は不安定な市況環境に左右されない小型成長株の見つけ方について解説いたします。

小型成長株は大型株と違い、数ヶ月で何倍にもなることがあります。小型株は時価総額が小さく発行済み株式数も少ないため、上昇の勢いが付けば、少ない株数を投資家で取り合うことになるため、株価は大きく上昇します。

株の達人の銘柄選択では小型成長銘柄を見つけるための条件が予め設定されています。条件としては時価総額は300億円以下、PERが30倍以下、売上高は前月から2桁増収といったように、成長性や株価の上値余地があるという条件が設定されています。またトレンドに関しても主要な移動平均線が上向きの上昇トレンドの条件も加えています。難しい操作は必要なく、簡単に設定することができます。

今回はこのような株の達治の活用方法を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), 財務業績(ファンダメンタル) パーマリンク