RCIを使った買いタイミングの判断方法

日経平均株価は、27,000円の節目を割り込み、強く売られた状態にあります。個別株も指数に連れ安する形で売られる銘柄が増えています。そこで今回はRCIを使った買いタイミングの判断方法を解説いたします。

RCIは株価の上下の動きを忠実に捉えることができる指標です。特に株価が一時的に下がった際のタイミングを捉える際に有効です。またRCIは初心者の方にも使いやすく、どのような値動きにも合いやすいのも特徴の一つです。

このチャートでは株価が下がったところでRCIが売られ過ぎの状態になり、その後に株価が反発しています。またこうのような押し目買いのタイミングを狙う際には、必ず移動平均線が上向きの上昇トレンドの状態になっているのを確認することが非常に重要です。移動平均線が上昇トレンドでなければRCIが売られすぎでも、そのまま売りが強まり株価が下がり続ける恐れがあるので注意が必要です。今回はこのようなRCIのポイントを動画で解説していますのでぜひ御覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, RCI パーマリンク