出来高でわかる短期間で急騰する小型株のパターン

日経平均株価は、22000円を上回り非常に強く上昇しています。個別株も幅広く買われており、市場全体も活況となってきています。そこで本日は出来高でわかる短期間で急騰する小型株のパターンについて解説します。

最近では相場全体が活況になる中で特に新興市場などの小型株の上昇が目立っています。特に短期間で急騰するような銘柄には、初動の動きに特徴があります。まずはチャートで確認してみましょう。

このチャートパターンにあるように、何かの材料などをきっかけとして、出来高が全く少ない状態から突然急増する日があります。それまでは全く注目されていなかった状態から、突如一斉に投資家が気が付いて買いが殺到しています。このような出来高が急増したと同時に株価が上昇すると、ランキングや高値更新銘柄に入ってくるため、後から買いが断続的に入ってくることになり、短期間で急上昇しやすくなります。特に新興市場などの小型株によく見られるパターンです。

もちろん値動きが激しいため、リスクも高くなりますが、その分上昇の初動に乗ることができるので、大きなリターンも期待できます。また株の達人では、このような銘柄を簡単に見つけることもできるようになっています。今回はこのような出来高急増の上昇パターンを動画で解説いたしました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 銘柄選び(スクリーニング), スイング, 出来高 |

初めてでもわかる転換足を使った短期売買の買いタイミング

日経平均株価は、緊急事態宣言解除による経済活動再開の期待感から、節目の21000円を上回り強く上昇しています。個別株も多くの銘柄が買われており、高値更新する銘柄も増えています。そこで今回は上昇傾向となっている銘柄で短期売買する際にお勧めな「転換足」の買いタイミングについて解説いたします。

転換足は目先の株価の動きを赤と青の色で判断できる株の達人のオリジナルのチャートです。ローソク足ではわかりにくい短期間の方向転換がひと目でわかるのが特徴です。特に移動平均線が右肩上がりの上昇トレンドで推移している銘柄で、株価の上下の動きを捉える際にも非常に有効な指標です。

また転換足の特徴として、上昇力が強い銘柄では下落の青に転換しても、僅か数日で上昇の赤に転換する動きがよく見られます。このチャートパターンでは、たった1日だけ青になった後に赤に転換しています。10日移動平均線などの短期移動平均線を下回らない状態で推移するような、上昇の勢いがある銘柄で、このようなパターンになれば非常に確度が高い買いタイミングとなります。

また転換足には、足の長さや10日移動平均線と組み合わせて見ていくことで、利益を増やすことができるテクニックもあります。今回はこのような転換足の短期売買でのポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 転換足(株の達人オリジナル指標) |

決算発表で見つけるお勧めの銘柄選択の設定方法

5月の本決算の集中時期となりますが、やはりコロナの影響によって減収減益となった企業が多く見られます。そこで今回は決算時期にお勧めな掘り出し銘柄を見つける銘柄選択の設定方法をご紹介します。

株の達人の銘柄選択では、テクニカル指標だけでなく業績や財務状態など様々な設定をすることができます。特に決算発表の集中時期が終わった後などには、好業績を維持する銘柄を見つけるのがお勧めです。また業績が好調なだけでなく、配当利回りや時価総額などで掘り出し銘柄を見つけるのもお勧めです。

こちらは株の達人の銘柄選択画面です。こちらで設定しているのは売上高、経常利益、純利益が前期比で5%以上増収増益となっており、加えて配当利回り4%以上、時価総額が300億より小さいという小型株を見つける条件です。5/20時点で検索すると、23銘柄が検索されます。まだ時価総額も小さく注目度も低い銘柄ですので、掘り出し物といえます。こういった検索以外にも、例えば旬なテーマである半導体やセキュリティ関連銘柄などにグループを限定して、さらに絞り込むということも可能です。今回なこのような銘柄を見つける設定方法を動画で解説しましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 決算, 財務業績(ファンダメンタル) |