株価の行き過ぎがわかる移動平均乖離率の見方

日経平均株価は34,000円手前で上値が重い展開となっており、これまで強く買われ続けていたことからスピード調整といったところです。今回は株価の行き過ぎがわかる移動平均乖離率の見方を解説いたします。

移動平均線乖離率は現在の移動平均線に対して現在の株価が何%離れているかを示した指標です。これによって株価の行き過ぎ感が判断できます。移動平均線の特性として、株価が平均値から離れすぎると、近づくように戻るという特徴があります。それを利用して株価の頭打ちや底値を判断できます。

こちらは25日移動平均線(緑)に対して、下には25日移動平均線乖離率を表示しています。移動平均線乖離率は、銘柄によって行き過ぎとなる値が変わっていきます。そのため過去のピークやボトムの乖離率の値を確認しておくことが重要です。ただプライム市場の中大型株であれば概ね±10%が行き過ぎの基準となります。必ずこの値でピークやボトムを付けるわけではありませんが、株価の方向性が変わる前兆のシグナルとして非常に有効です。今回はこのような移動平均線乖離率のポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 移動平均線 |

初めてでもわかるMACDヒストグラムの効果的な見方

日経平均株価は25日移動平均線付近まで下落してから反発しており、利益確定売り等で下落していた多くの銘柄に買い直しの動きが見られます。そこで今回は売買タイミングを掴む際に有効な初めてでもわかるMACDヒストグラムの効果的な見方を解説いたします。

MACDヒストグラムとは、MACDとシグナル線の2線の差を棒グラフの形で表した指標です。元々はMACDとシグナルがゴールデンクロスする直線の状態をいち早く察知するために見る指標です。このヒストグラムを活用することで、短期間で上下する株価の動きも捉えることができます。

こちらは一番下に表示されているのがMACDとシグナルで、その上に表示されている赤と青の指標がMACDヒストグラムです。MACDの動きを見るとクロスしたポイントが株価の動きに対して遅れていますが、ヒストグラムでは棒グラブのピークとボトムが株価の天底とおおむね一致していことが確認できます。MACDでは間に合わない上下の動きをする銘柄の場合はヒストグラムの方が有効なシグナルとなります。

今回はこのようなMACDヒストグラムの見方を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, MACD |

出来高が急増して動き出した新興グロース株を見つける方法

日経平均株価は34,000円手前で上値が重くなっているものの、底堅く推移しています。またグロース市場は強く買われており、大型株から動きの良い小型株に短期資金がシフトしています。そこで今回は出来高が急増して動き出した新興グロース株を見つける方法を解説いたします。

小型株が急騰し始める際には、出来高が少ない状態から突然増加し、前日から大きく値上がりします。一斉に投資家が殺到することになるため相場が活況となり、さらに後追いで買いが入りやすくなります。

チャートパターンでは好材料をきっかけとして、出来高が非常に少ない状態から急増して、一斉に投資家が殺到しています。特に小型株は発行済株式総数が少ないため、買いが殺到すると株価が急騰します。また株の達人では銘柄選択の機能を使えば、このような銘柄を簡単に見つけることができます。

この条件は前日比で3%以上、上昇していて、出来高も300%以上増加しているという条件になります。株の達人の標準条件を使えば設定も簡単にできます。今回はこのような銘柄の見つけ方を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), 出来高 |