転換足でわかる売られ過ぎからのエントリーポイント!

日経平均株価は、年末にかけてNY市場が急落したことで大幅に売られていましたが、年明けからは一転して反発上昇となりました。そのため個別株も過剰に売られ過ぎたところから見直し買いによって、上昇し始めています。そこで今回は、転換足でわかる売られ過ぎからのエントリーポイントについて見ていきましょう。

転換足は基本的に上昇トレンドにおいて、青から赤に陽転したポイントで狙います。しかし応用編として、大きく売られすぎた状態から、逆張り的にエントリーするという方法もあります。その際にポ転換足の青が長続きしているかどうかを確認するのがポイントとなります。株価が大きく売られすぎた状態になると、売り物が極端に減少するため、自律反発的によって株価が上昇します。その絶好のタイミングを転換足を使うことで簡単にわかります。

チャートで見てみましょう。

転換足の青が何日も長く続いて下落してい部分と、数日しか続いていない部分では、反発の強さが明らかに違うことがわかります。今の相場状況のように、下落が長続きしている銘柄が多い時は、転換足を使って、売られ過ぎからの反発ポイントを見つけてみるのもおすすめです。

また株の達人の銘柄選択を使えば、このようなチャートパターンの銘柄を、ピンポイントで簡単に見つけることができます。

銘柄選択機能の中に、今回のチャートパターンにて、銘柄を見つけることができる条件をご用意しています。難しい設定も必要なく、簡単にスクリーニングすることができますので、おすすめです。今回はこのような内容をわかりやすく動画で解説していますので、ぜひご覧ください!!

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク