大きく上昇する小型成長株の見つけ方

日経平均株価は大台24000円を付けて、年初来高値を更新してきています。個別株も主力銘柄を中心に買われていますが、中小型株の中には出遅れている銘柄も多く見られます。そこで今回は大きく上昇する小型成長株の見つける方法を見ていきましょう。

小型成長株とは、時価総額が小さいながらも、業績が大変好調で、上昇トレンドを持続しながら上昇する銘柄のことです。数ヶ月の間に株価が2倍以上、中には10倍以上にもなることがあります。大型株では、まず見られないような数ヶ月以上も株価が上昇し続けることもあります。

チャートで見てみましょう。

この銘柄のように、小型株で成長性のある銘柄は、長期の移動平均線が上向きの状態で、数ヶ月以上も上昇し続けます。大型株ではこのような上昇は、まずありえません。またこの銘柄は今年の5月時点では、時価総額が100億程度だったのですが、そこから上下しながらも500億程度まで拡大しました。もともとの時価総額が小さい銘柄であれば、そこから2倍、3倍になるのも難しくはありません。

また、この銘柄は売上高が2桁で増えており、非常に好業績となっています。現時点ではPERが50倍近くありますが、今年の前半では30倍は割っていたはずです。好業績でありながら、売上に対して時価総額が小さい銘柄は上昇し始めると上値が軽く、大きく上昇する可能性があります。

今回は、株の達人を使って、このような成長銘柄を見つける方法を動画でわかりやすく解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

※動画でも使用しております分析ソフト・株の達人の銘柄検索機能なら、テクニカル分析はもちろん、ファンダメンタル分析も活用したスクリーニングができます!
株の達人・銘柄検索(スクリーニング)機能について

株の達人ソフト・無料お試しサービスで体験してください!

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), 財務業績(ファンダメンタル) |

デイトレでお勧めのVWAPの見方とポイント

日経平均株価は高値圏で保ち合い状態になっており、個別株にも動きが鈍くなっています。今回はデイトレでお勧めのVWAPの見方とポイントを解説いたします。

デイトレの際に株価が当時に上がりやすいかどうかを判別するのにVWAPという指標が便利です。これは出来高で加重平均した平均価格を表しており、当日に買った人の損益分岐点ともいえます。

そのため、株価がVWAPを上回っている状態では当日に買った人は利益になっており、VWAPを下回っている状態であれば、当日に買った人は損失になっていると判断することができます。

VWAPは赤のラインで表示していますが、このようにVWAPを株価が上回って始まると、利益になっている人が多くなるため、強気になって株価は上昇しやすくなります。特に転換足の赤が続いていれば、株価はより上昇しやすくなります。

また株価が上昇し続けると、VWAPから離れてきます。平均価格よりも株価が離れると利益確定する人も増えるため、転換足が青になるとVWAPまで下落する可能性た高くなります。

また株価がVWAPを下回ってくると、損失になる人が増えるため、損切りに売りが出やすくなります。VWAPは損益分岐点となるため、強気なのか弱気なのかといった投資家心理もよくわかります。デイトレでは、現在売買している投資家がどのような心理状態になっているのかを把握することで、仕掛けて良いか悪いかを判断することができます。

株の達人では、このようなVWAPも簡単に表示できます。今回は、このようなVWAPのポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

※動画でも使用しております分析ソフト・株の達人でテクニカル分析をトレードに活かそう!
株の達人公式サイト

株の達人ソフト・無料お試しサービスで体験してください!

カテゴリー: テクニカル指標, デイトレ, VWAP |

転換足を使った空売りのタイミングの取り方

日経平均株価は上値が重くなっており下落傾向にあり、個別株も下落し始める銘柄も多く見受けられます。そこで今回は、転換足を使った空売りのタイミングの取り方について解説いたします。

短期で空売りするには、陰陽足が赤から青に陰転するポイントで仕掛けるのがお勧めです。転換足は赤が短期の上昇、青が短期の下落を表していますので、陰転したらポイントが短期的な下がり始めとなります。

このチャートパターンのように、株価が25日移動平均(緑)を上回った状態では、転換足が赤から青に陰転すると、その後に株価が反発して、すぐに赤に陽線していることがわかります。これは25日移動平均よりも、株価が上にある状態では、上昇トレンドが継続していることになるため、まだ買いの勢力が強い状態ということになります。

また25日移動平均線を下回った状態では、赤から青に陰転すると株価は下がりやすくなります。25日移動平均線を下回った状態というのは、株価は上昇トレンドから下降トレンドに転換しているため、転換足が青になると、損切りや利食いの売り注文が増えるため、株価が下がり続ける可能性が高くなります。

空売り初心者の方というのは、どうしても株価が上昇している高値圏で売りたくなりますが、それをやってしまうと仕掛けた直後に上昇することも多くなってしまいます。空売りをする場合、25日移動平均を割り込んでからでも遅くはありません。今回はこのような空売りのポイントをわかりやすく動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

※動画でも使用しております分析ソフト・株の達人のオリジナル指標「転換足」を無料体験!
株の達人・転換足について

株の達人ソフト・無料お試しサービスで体験してください!

カテゴリー: テクニカル指標, 転換足(株の達人オリジナル指標), 空売り |