ボリンジャーバンドでわかる急上昇のパターン

日経平均株価は26,000円を突発しており、先物主導で強く買われています。これにより出遅れていた個別株にも積極的に買いが入ってきており、相場全体が強気ムードとなってきています。そこで今回はボリンジャーバンドでわかる株価が急上昇するパターンについて解説いたします。

ボリンジャーバンドの見方は、大きく分けると2つあります。バンド幅というのは株価のボラティリティを表していますが、バンドの値幅がある場合においては、±2σの範囲内で株価が動いていきます。基本的には株価は±2シグマの間には95%の株価が収まるとされており、上部のバンドでは高値圏での売り、下部のバンドで底値圏での買い場とする見方が一般的です。

ですが急上昇するパターンを見つける際には、バンド幅が縮まった状態から、急激に+2シグマを株価が上抜けたところが、上昇のシグナルとなります。つまり通常の値動きと見方と逆になります。バンドの幅が縮まることで、エネルギーが溜まっている状態からの急激な上抜け上昇パターンとなります。ボリンジャーバンドによって株価が異常な動きをしているということを判断することができます。

このように、最近では好材料などをきっかけに急騰するパターンが多くなっています。そのような時はボリンジャーバンドに切り替えて見ていくことで、チャートの見え方が一変します。ローソク足の単純な上げ下げだけで判断するのではなく、テクニカル指標を使って客観的に見ていくことが重要です。今回はこのようなポイントを動画で解説いたしました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, ボリンジャーバンド |

スイングトレードで上下の波に乗るコツ

日経平均株価は先日に26,000円を付けており、強く上昇し続けています。個別株も決算発表が終わり、買われる銘柄と売られる銘柄とがはっきりとしてきています。そのため、しっかりとチャートの動きを読み取っていくことが重要となります。そこで今回はスイングトレードにおける上下の波に乗るコツについて解説いたします。

株価の動きとは必ず上下に動きながらトレンドを形成していきます。そのため、その波をうまく捉えていけば、スイングトレードで利益を取ることができます。早速チャートで見ていきましょう。

このようなチャートのパターンでは、25日移動平均線や75日移動平均線が右肩上がりで上昇していますが、短期間の方向は頻繁に変わっているのがわかります。この方向は株の達人の転換足を使うとわかります。赤が上昇で青が下降と色で方向感がわかるので、スイングトレードにおける波を捉えることが簡単にわかります。

これをローソク足だけで判断しようとすると、どうしても惑わされないようなコツが必要となります。株価が上昇しそうであればエントリーし、反落しそうであれば手仕舞いするということを繰り返していくことで、スイングトレードはトータルで利益を積み上げることができます。またスイングトレードでは、こういった上下の波を意識しながらトレードしていくことが非常に重要となります。

本日は、このようなスイングトレードのポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 転換足(株の達人オリジナル指標), スイング |

上昇トレンドの初期のチャートパターンと銘柄の選び方

日経平均株価は25000円を突破し、勢いよく上昇しています。個別株も、これまで下げ続けていた銘柄などを中心に、立ち上がり初めています。そこで今回は上昇トレンドの初期の状態となっているチャートのパターンと銘柄の選び方を解説いたします。

株価が上昇トレンドの状態になると、短期から長期までの移動平均線が全て上向きになります。その状態が続くことで、株価は高値を更新して上昇していきます。つまりは上昇トレンドの初期状態とは、移動平均線が上向きになり始めたばかりの時期ということになります。上昇トレンドになる前に、必ず移動平均線が横ばいまたは下向きから、上向きに転換する時期があります。このような状態を見つけることで、上昇の初期段階に仕込むことができます。特に今のように日経平均やTOPIXなどが上昇し始めると、同じように連れ高する形で移動平均線が上向きになり始める銘柄が増えていきます。

チャートで確認していきましょう。

こちらのチャートのように、10日から75日までの短期から長期まで移動平均線が上向きになり始めてから、株価が上昇トレンドに転換していることが、はっきりと確認できます。こういったチャートの動きを理解していないと、上昇初期の状態であっても高値圏だと勘違いして、買い時を逃してしまうことになります。

そのため、株価が移動平均線を上抜けて、上昇し始めた段階で、これは初期の状態であるということを、しっかりと認識することが大事です。またこういったチャートのパターンになっている銘柄を予めピックアップしておき、監視していくことも大切です。そこで株の達人を使えば、このような初動の時期の銘柄を簡単に見つけることができます。

今回は、このようなチャートの特徴と銘柄選択の使い方を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 移動平均線 |