地合いが悪くても上昇する銘柄の特徴

日経平均株価は、海外市場の値動きに振り回されるように、上下の動きを繰り返しています。しかし今のように市場全体の方向性がはっきりとしない状況の中でも、しっかりと上昇トレンドを維持している銘柄があります。今回は地合いが悪くても上昇する銘柄の特徴を解説いたします。

日経平均株価が下降トレンドの状態では、およそ7割近くの銘柄は同じように連動するため、当然に下落する銘柄が多くなります。しかし上場している銘柄の中には、全体の地合いが悪くても上昇している銘柄があり、そのような銘柄にはチャートにも特徴があります。

まず、こちらをご覧ください。

これは上昇トレンドを維持している銘柄と、日経平均を比較したチャートです。両方のチャートを比べるとわかりるように、右側の日経平均は右肩下がりの状態にありますが、左側の銘柄は上昇トレンドを維持しており、注目したいのは下落した後に反転した上昇の強さです。

日経平均株価が安値を更新して下落しているときも、左側の銘柄も同じく連れ安して下落しています。このように上昇トレンドの銘柄であっても、日経平均に連動して一時手に下落はしますが、その後の反発した際に最高値を更新して上昇していることがわかります。つまり上昇トレンドが持続する銘柄は、地合いが大きく下落した場合も同じように下落しますが、その下落幅は小さく、地合いが反転したときは、他の銘柄よりも大きく上昇して高値を更新します。

このパターンを理解していれば、日経平均株価が下落した場合に、上昇トレンドの銘柄の押し目買いを狙うという戦略も可能となります。今回はこのような内容をわかりやすく動画で解説していますので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: その他 |

急騰する初動に見られるローソク足の特徴

日経平均株価は急反発しており、個別株も売られすぎた反動から買い直されて上昇しています。今回は株価が急騰する際の初動に見られるローソク足の特徴について解説いたします。

株価が急騰して上昇する銘柄には、初動のローソク足に特徴があります。これまでもこのブログでも何度かご説明していますが、出来高が急増したり、ローソク足が大陽線になるといったことが初動の条件として挙げられます。過去の高値を超えて新高値を付けながら、上昇していくというのも特徴の1つです。

今回は、これまでと違った視点でローソク足の窓に着目してみましょう。窓とは前日と当時のローソク足の間にあいた隙間のことで、ギャップとも言われます。この窓はローソク足の動きを見る上では非常に重要な特徴になります。まずはチャートで見てみましょう。

こちらチャートでは、株価が急騰した初日の日に、大きく窓開けして上昇していることがわかります。その際に出来高も非常に多くなっています。よく窓は必ず埋めると言われることもありますが、実際は窓を埋めずに推移することができれば、それだけ買いが強く、上昇しやすいという見方をします。このチャートからもわかるように、大きく空けた窓を数日しても埋めない場合は、そのまま大きく上昇していくパターンは非常に多く見られます。

窓開けして上昇した場合は、通常は利食い売りによって下落するはずが、それ以上の買い注文が入っている証拠でもあり、加えて当日に買った多くの投資家が全て含み益になるため、参加者全員が強気モードになり、買いが買いを呼ぶことで上昇していくからです。

今回は、このような初動のパターンを動画で詳しく解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: テクニカル指標, ローソク足 |

大幅売られすぎ銘柄を見つける銘柄選択条件

米国による貿易摩擦の悪化懸念からNY市場も大きく下落しており、リスク回避によって円高も進んでいます。そのため日経平均株価も大幅に売られており、個別株も大きく下落しています。しかし、個別株の中には過剰に売られすぎた銘柄も増えており、割安になった株を見つけるのもお勧めです。そこで今回は、大幅に売られすぎた銘柄を見つけるための銘柄選択条件をご紹介いたします。

大幅に売られすぎた銘柄を見つけるために、今回は75日カイリ率という指標で見ていきましょう。これは中長期の移動平均線の中で最も重要な75日移動平均線と株価が、どれだけ下に離れているかを、パーセントで示した指標です。移動平均線とはその期間平均値ですが、株価が大きく下方向に乖離しているということは、それだけ平均価格よりも割安になっているという見方もできます。

また移動平均線と株価の関係には、株価が移動平均線から大きく離れると、移動平均線に戻る習性があります。75日移動平均線で言えば、その目安が-15%~-20%程度となります。実際のチャートで見てみましょう。

過去の底打ちしたポイントを見てみると、75日移動平均線から大きく下に乖離していることがわかります。また下に表示されている、75日カイリ率を見てみると、-20%まで下落していることがわかります。現在は、日経平均株価が大きく売られていることから、こういったパターンになっている銘柄も多く見られます。株の達人の銘柄選択を使うと、75日移動平均線から大幅に乖離した銘柄をピンポイントで見つけることができます。標準条件にて、設定条件をご用意しているため、難しい操作も必要ありません。

今回は、このようなチャートの見方から操作の方法までを動画でわかりやすく解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング) |