転換足とRCIを組み合わせたタイミングの取り方

日経平均株価は、上値の22000円を意識しながらも、小幅な上下の動きが続いています。個別株も決算発表時期ではあるのですが、多くの銘柄が日経平均と同じように一定幅で上下しています。そこで今回は転換足とRCIを組み合わせたボックス相場に有効な売買タイミングの取り方について解説いたします。

このブログでも何度も取り上げておりますが、転換足とはローソク足ではわかりにくい株価の方向性を色で判別できるようにした、タイミングを判断するための指標です。この指標だけでも十分に売買することは可能性ですが、オシレーター系指標の代表格でもあるRCIを加えることで、非常に効果が高くなります。

チャートで見てみましょう。

このチャートパターンでもわかるように、転換足が青になると株価は下落していきますが、同時にRCIも下がってきていることがわかります。RCIは-100%~+100%の範囲で推移しますが、概ね-80%まで下落すれば、底値圏となります。つまり転換足が青で株価が下落してきたら、RCIの動きを見ていきます。そこでRCIが底値水準になったら転換足が赤に転換するまで待ち構えます。RCIが底値圏で転換足が青から赤に転換すれば、そこから株価が反転して上昇する可能性が非常に高まります。このようにテクニカル指標は性質の違う指標を組み合わせることで、精度を上げることができます。

今回は、このようなポイントを動画でわかりやすく解説いたしましたので、ぜひご覧ください!

カテゴリー: テクニカル指標, 転換足(株の達人オリジナル指標), RCI, チャートの見方(売買タイミング) |

移動平均線を上抜けた銘柄を見つける条件設定

米中貿易摩擦のリスクが後退したことで、半導体関連株を中心に買いが入り、日経平均株価も上向き始めています。そのため、個別株も保ち合いから上抜けしてきている銘柄も増えています。そこで今回は、トレンド転換のポイントでもある株価が移動平均線を上抜けた銘柄を見つけるための条件設定について解説いたします。

株価が移動平均線を上抜けると、そこから流れが変わり、上昇し始めることが多いといえます。反対に株価が移動平均線を下抜けると、そこから株価が下落し始める可能性が高くなります。もちろん保ち合い状態では、移動平均線を行ったり来たりすることもありますが、ある程度上下の値動きがある銘柄であれば、移動平均線の上抜け、下抜けは重要なエントリーのシグナルにもなります。

このチャートパターンは25日移動平均線を例にした上抜け下抜けのパターンです。緑の25日移動平均線を軸に上抜けると株価が上昇し、下抜けると株価が下落していることがわかります。これは短期売買ではあれば、5日移動平均線に置き換えていただければ、同じパターンで上昇と下降のタイミングを捉えることも可能です。

そこで、株の達人の銘柄選択を使って、当日に株価が25日移動平均線を上抜けたばかりの銘柄を検索することで、買いタイミングになった銘柄を効率よく見つけることが可能となります。株式投資では、銘柄を効率よく見つけることが、上達する上でも重要な要素となります。

今回の動画では、このような移動平均線を上抜けた銘柄を見つける設定方法をわかりやすく解説いたしましたので、ぜひご覧ください!

カテゴリー: テクニカル指標, 銘柄選び(スクリーニング), 移動平均線 |

市況に関係なく上昇する高値更新銘柄の特徴

日経平均株価は保ち合い状態が続いており、市場全体にも方向感がありません。しかし中には、市況環境に左右されずに、独自に上昇し続ける銘柄もあります。今回は、そのような高値更新銘柄について見ていきましょう。

市場全体の動きとは関係なく、高値を更新している銘柄というのは、過去のしこり(高値で買った人たちの持ち株)が少なく上値が軽いため、上昇が長続きしやすいという特徴があります。また高値を更新している時点で、確実に上昇トレンドになっているため、市場全体の動きが鈍いときなどは、多くの投資家からの注目されやすく、次々と買い注文が入ってきやすくなります。そのため短期売買で狙っていくには、このような高値更新銘柄を狙ってみるのもひとつです。

これは、高値更新銘柄のひとつでもある神戸物産(3038)の週足チャートです。現在も過去の最高値を超えながら、上昇し続けている様子がよくわかります。週足でこのようなチャートパターンになっていれば、日足でも小さな上下あるかもしれませんが、最高値を更新しながら上昇し続けていることは確かです。

特に高値更新銘柄の中でも上場来高値更新になると、さらに上値が軽くなります。高値更新していると、どうしてもチャート的に高値圏に見えてしまいますが、実際は高いと思っても、そこから上がり続けるケースが多いのです。今回はこのような高値更新銘柄の特徴と選び方を解説した動画をご紹介いたします。ぜひ御覧ください!

カテゴリー: その他 |