銘柄選択(スクリーニング)の設定方法と機能紹介

日経平均株価は、上昇傾向にはありますが、22000円手前で上値が重くなっています。また個別株も同じく、方向性がわかりにくい状況にあるため、より慎重な銘柄選定が必要な時期といえます。そこで今回は、株の達人の機能の中でも、最も優れた銘柄選択の設定方法や機能のご紹介をさせていただきます。自分だけの条件を作って掘り出し銘柄を見つけたり、チャート的に買いタイミングになっている銘柄も、設定しだいで簡単に探し出すことができます。

まず株の達人の銘柄選択機能とは、テクニカル指標と財務業績指標も含めて、様々な条件を設定することで、銘柄を検索する機能です。一般的にはスクリーニングとも言われますが、株の達人の銘柄選択は、豊富な指標を使って、数値を自由に設定することができるため、どのようなパターンの銘柄でも見つけ出すことができます。

まず銘柄選択の画面を見てみましょう。

こちらが銘柄を検索するための銘柄選択の画面です。画面の上部のたくさんの指標名が並んでいますが、これらを自由に組み合わせることで、見つけたいチャートパターンの銘柄を瞬時に選び出すことができます。もちろん、はじめての方は設定が難しいと感じる方がほとんどだと思いますので、株の達人では、メールまたはお電話等でもしっかりとサポートさせて頂いております。

また作った条件を保存しておくことで、いつでも呼び出して検索することができます。ここまでできる機能は他にはなく、また銘柄選びも大変効率よくできるので、ぜひご利用いただければと思います。今回は動画でも、この機能についてわかりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), 株の達人の機能のご紹介 |

おまかせ売買ロボの勝率が高い売買条件の選び方

日経平均株は、21000円を超えて上昇してきましたが、同時に戻り高値の警戒感から上値が重くなっています。今回は方向性が定まらない時期にも有効な、おまかせ売買ロボを使った勝率の高い売買条件の選び方を解説いたします。

おまかせ売買ロボは、売買条件を選ぶだけで、チャート上に売買サインを表示することができる機能です。テクニカル指標を見続けていなくても、買いポイントや売りポイントになると、売買サインでお知らせするので、判断に迷わなくなります。ただし銘柄の値動きに合わせた、最適な売買条件を設定する必要があります。

まず、こちらのチャートをご覧ください。

こちらは、おまかせ売買ロボにあらかじめ用意されている、「押し目買い条件/RCI/損切り5%」の条件で設定したチャートです。下に表示されているのが、9日と13日のRCIですが、株価の安値圏を的確に捉えて買いサインが点灯していることがわかります。また右側の売買成績を見てみると、勝率が76%と非常に高くなっており、損益合計も大きくプラスになっています。

この売買成績が良い結果であれば、今設定されている条件と、その銘柄の値動きが合っているといえます。また同じ銘柄でも、他の標準条件に設定すると成績が変わりますので、切り替えながら勝率が高い条件を設定していただくのがお勧めです。また条件の切り替えも簡単にでき、すばやく比較できるようになっています。標準条件も、このRCI条件以外にも、パラボリックという指標を使った条件や、ストキャスティクスを使った条件など様々なパターンを用意しています。

今回は、こういった勝率の高い売買条件の設定方法をわかりやすく解説いたしました。ぜひ御覧ください。

カテゴリー: おまかせ売買ロボ(売買サイン表示機能), デイトレ, 株の達人の機能のご紹介 |

新規公開株の値動きの特徴とポイント

日経平均株価はNY市場の上昇に伴って、堅調に上昇してきています。個別株も上昇傾向にはあるものの、まだまだ上値が重い状況でもあります。そこで今回は、相場状況に左右されない値動きが活溌な新規公開株の特徴とポイントについて解説いたします。

新規公開株には、通常売買されている銘柄とは違った、ある特徴があります。まず重要なのは、上場初日の初値です。この初値が値動きの軸の価格となり、それを上回っているか下回っているかで、その後の値動きに大きな差がでてきます。上昇初日の初値とは、多くの投資家がその価格で買っている値段になります。その価格を下回ると、多くの投資家が損失となり、上回ると多くの投資家が利益となります。

まずはチャートを見てみましょう。

こちらは上昇パターンになりますが、上場後の初値を上回ったまま、株価が上昇していくパターンです。上場後、数日間は株価がやや上下していますが、その後は初値を下回ることなく、順調に上昇しています。また途中で利益確定などで下落調整していますが、その後は高値を更新しています。

こちらは上場初値を下回ったまま、株価が上昇しないパターンです。出来高を見ると、上場後数日間は非常に取引が多いことがわかります。上場後の初値を下回ると、この多かった出来高で買った投資家が一斉に含み損になってしまい、これがいわゆる「しこり玉」となってしまいます。よって株価が上昇しようとしても戻り売り圧力が強まり、上値が重くなります。今回は、このような新規公開株の値動きを、わかりやすく動画で解説しました。ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: その他 |