【おまかせ売買ロボ】RCIを使った売買条件のご紹介

日経平均株価の方向性が定まらない状況の中では、個別株の売買タイミングも掴みにくいという方も多いのではないでしょうか。今回は、株の達人のマルチチャートのおまかせ売買ロボの機能を使いRCIの押し目買い条件を見てみましょう。

相場状況が不安定なときほど、株価の値動きに振り回されてしまいます。そのため、テクニカルのルールに従った売買を忠実に行いながら、トレードしていくことも大切です。株の達人のおまかせ売買ロボの機能は、テクニカルの条件を設定することで、チャート上に売買サインを表示する機能です。

売買条件は、自由にテクニカル指標を設定することも出来ますが、標準条件とってあらかじめ用意されたオススメ条件から選ぶことも可能です。今回はその中で、RCIを使った押し目買いの条件を見てみましょう。

この条件は9日RCI(水色)と13日RCI(ピンク)を使って、売買サインの条件を作っています。買い条件は、9日RCIが-50%以下で陽転したとポイントで、売り条件は13日RCIが陰転したところで売りポイントとなります。株価の上下の波の中で、一時的に下落したポイントで買いを狙う押し目買い条件です。条件としては比較的どの銘柄にも合わせやすい条件となっています。

また、この条件は損切り設定されており、初期設定では5%となっていますが、自由に変更することも可能です。RCIなどのオシレーターを使った場合、たとえ買い場になったとしても、そこからさらに下落してしまう場合もあります。その際には、必ず損切りしなければいけない場合もありますが、それもチャート上に損切りサインでお知らせします。

実際のチャートを見ながら判断しても、そのとおりには売買できないという方もいらっしゃるかと思います。おまかせ売買ロボの機能は売買サインをチャート上に表示することで、実際に売買する上でも役立つ機能です。今回は、このような機能を中心に、動画でわかりやすく解説いたしました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, おまかせ売買ロボ(売買サイン表示機能), RCI, 株の達人の機能のご紹介 |

75日移動平均線でわかる株価の上昇力

NYダウの上昇にともなって日経平均株価は反発しはじめています。またそれに合わせて多くの銘柄も上昇しはじめています。しかし、それぞれの個別株を見ると、強く上昇する銘柄と反発力が弱い銘柄とに分かれます。

今回は、75日移動平均線を軸に、株価の上昇力の違いについて見てみましょう。株価が上昇しやすいかどうかというのはトレンドで決まってきます。そのトレンドの見極め方として、75日移動平均線を見れば簡単に判断できます。

まずはチャートで見てみましょう。

多くの銘柄が今月の急落で下降転換していますが、このチャートの形のように、大きく下落しなかった銘柄は上昇が強い傾向にあります。また75日移動平均線よりも株価が上にあるのか、下にあるのかによって、その後の上昇力の強さにはっきりと差がでます。

75日移動平均線というのは、トレンドを判断する上で、大変重要な指標です。おおまかに言ってしまえば、75日移動平均線より、株価が上にあれば上昇トレンドとなり、株価の上昇力が強まります。また株価が75日移動平均線を割り込んでしまっている状態にあると、下降トレンドとなり株価の上昇は鈍く重い動きなります。

もちろん底値圏で狙う場合は75日移動平均線より、株価が下にある状態で買うことになりますが、短期的なタイミングを掴むのであれば、75日移動平均線よりも株価が上にある銘柄を狙わなければいけません。今回は、このような上昇力の違いについて、動画で解説していますので、ぜひご覧ください。

※動画でも使用しております分析ソフト・株の達人でテクニカル分析をトレードに活かそう!
株の達人公式サイト

株の達人ソフト・無料お試しサービスで体験してください!

カテゴリー: テクニカル指標, 移動平均線 |

急落をチャンスに変える押し目狙いのテクニック

今回は株価急落をチャンスに変える押し目買いのテクニックについて見てみましょう。

今回のNYダウの急落をきっかけとして、個別株も大きく売られました。しかし、このような急落時を逆にチャンスと捉えて押し目買いなどを狙ってみるのもお勧めです。市場全体が大きく下落した際には、これまで上昇していた銘柄も連れ安しますので、押し目が狙い目になります。

押し目狙いの条件として、まずは移動平均線が右肩上がりの状態になっていることを確認します。基本的には75日移動平均線が右肩上がりであるのが理想ですが、200日移動平均線などの長期線で確認してもかまいません。

次に株価が底値にあるかどうかをRCIで見て判断します。株の達人では9日と13日RCIを使っていますが、このRCIが-100%まで近づくと、押し目の底値圏の目安となります。その際に株価が75日移動平均線や200日移動平均線付近にあることも確認することが重要です。

次に転換足を見て、反発ポイントを見極めます。転換足が青の状態では、RCIが低くても、まだ反発しているわけではありません。転換足が赤に陽転して、はじめて買いを狙うことができます。

今回は、このようなポイントと、押し目買いの銘柄選択の方法まで、動画で解説いたしました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: 押し目買い |