初めてでもわかるパラボリックの効果的な見方

日経平均株価は節目の20000円を突破してきており、コロナショックで大きく下落した銘柄にも、見直し買いが入ってきています。また個別株は決算発表の集中時期でもあるため、大きく動き出したり、上昇転換するような銘柄も増えてくると思われます。そこで今回は株価の動きからタイミングを判断する上で有効なパラボリックの見方を解説します。

パラボリックは放物線という意味があり、株価の上昇と下降の動きを捉えるための指標となります。SARと言われる点線が株価よりも上にあれば下落、下にあれば上昇となります。実際のチャートで見てみましょう。

パラボリックはSAR(ストップアンドリバーズ)の位置が切り替わるポイントが売買タイミングとなります。ローソク足に対してSARが上にあれば株価は下降していく傾向になり、ローソク足に対してSARが下にあれば、株価は上昇傾向を保っていると判断します。重要なのは株価は当然に毎日の上下の動きを繰り返しながら波動を形成していきます。そのためパラボリックが上昇方向を保っていても、目先の上下に振り回れずにポジションを持続させることが大切です。

パラボリックには加速因数という数値を変えることで、株価に対する反応を早めたり、遅くしたりすることも可能です。そのため株価の動きに対して微調整することで、より最適なタイミングを掴むことも可能です。今回はこのようなパラボリックの効果的な見方を初心者の方にもわかりやすく動画で解説しましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: パラボリック |

移動平均線を使った様々なスクリーニング方法

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、日経平均株価も20000円手前で上値が重くなっています。NY市場も戻り高値を付けて反落し始めています。今回は、移動平均線を使った様々なスクリーニング方法を解説いたします。

株の達人の銘柄選択機能では、様々なテクニカル指標を設定して、どのようなチャートの形状でもスクリーニングして見つけ出すことができます。今回のその中でも基本となる移動平均線を使った条件設定の方法を見ていきましょう。

こちらは株の達人の銘柄選択画面ですが、テクニカル指標の一覧の中から「移動平均線」の条件をクリックし、詳細画面から条件や期間を設定することで、簡単にゴールデンクロスの条件を作ることができます。また移動平均線以外にも、2つの移動平均線の乖離(離れ具合)や、上向きや下向きなどの方向も設定することができます。またスクリーニングした銘柄はチャートで順番にチェックすることができます。

例えば、この銘柄のように10日移動平均線と25日移動平均線が、ちょうどクロスした銘柄を一瞬で見つけ出すことができるので、買いタイミングを逃すことがありません。また一度作った条件は保存して残しておくこともできるので、いつでも簡単に検索することができます。

また株の達人の銘柄選択では、全部で20項目まで条件を組み合わせることができます。そのため、テクニカル指標だけでなく、財務指標や業績なども組み合わせて条件を作ることが可能です。今回は、このような移動平均線を使ったスクリーニング方法を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

 

 

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), 移動平均線 |

7日移動平均線とボリンジャーバンドを使ったスイングトレード

国内の新型コロナウイルスの感染拡大は続いており、予断を許さない状況となっています。しかしに株価に関しては、欧米の死亡者数の増加が小さくなっていることや、ロックダウン解除の期待も高まっていることから、堅調に推移しています。今回は7日移動平均線とボリンジャーバンドを使ったスイングトレードについて解説します。

今回は、7日移動平均線とボリンジャーバンドですが、一般的にはあまり組み合わせない方法なのですが、スイングトレードに関しては非常に有効となります。まずはチャートで確認してみましょう。

20日ボリンジャーバンドと7日移動平均線を合わせた売買ポイントとして、大きく分けると順張りと逆張りの2種類があります。まず逆張り法の見方として、ボリンジャーバンドが拡大しながら株価が急落すると、7日移動平均線を下回った状態で下落していきます。それがしばらく続いた後に、株価が7日移動平均線を上回ると、反発の買いポイントとなります。これは、今回のようなコロナショックなどの急落相場でも有効なテクニックになります。また利益確定にはボリンジャーバンドの中心線とRCIを同時に見ながら、株価が中心線付近まで到達し、RCIが高値圏になったら確定します。

続いて順張りの見方です。

順張り法のテクニックとして、ボリンジャーバンドと7日移動平均線がゴールデンクロスすることで、上昇転換となる可能性が高まります。順張りのテクニックとして、このクロスのポイントを買い場とすることもできます。重要なのは、その後にバンドが拡大しながら上昇していくことが重要です。そのパターンになれば7日移動平均線を上回ったまま上昇が続いていくことになります。

またクロスしたポイントだけでなく、その後に上昇し始めたポイントで買いを狙っても問題ありません。重要なのはバンドが大きく拡大する前の状態を見つけてエントリーすることです。今回は、このような7日移動平均線と20日ボリンジャーバンドを組み合わせた売買ポイントを動画で解説していますので、ぜひご覧ください。

 

 

カテゴリー: 移動平均線, ボリンジャーバンド |