初めてでもわかるMACDヒストグラムの見方・使い方

新型コロナウイルスの拡大懸念によってNY市場が大きく急落したことで、日経平均株価も急落しています。個別株も多くの銘柄が売り込まれています。今回は株価の下げ止まりなども判断できるMACDヒストグラムの見方・使い方を解説いたします。

MACDヒストグラムは、MACDとシグナル線の差の値を棒グラフで示した指標です。本来の目的としては、MACDがゴールデンクロスする間際の状況を、より細かく判断するための指標です。ここだけ聞いてしまうと意味がわかりにくいのですが、実践で使う上では短期的な株価の動きを読み取るために使うのがお勧めです。

こちらのチャートをご覧ください。

チャート画面の下に表示している指標がMACDヒストグラムとなります。こちらは日経平均株価のチャートですが、株価の短期的な天底とヒストグラムの増減の動きが一致していることがわかります。

チャートでも明らかなように、ヒストグラムが高値圏で陰転すれば、株価は目先天井となりやすく、安値圏で陽転すれば株価は目先底打ちしやすいという特徴があります。また過去のヒストグラムのピークとボトムの値も、おおむね同じ水準で天底となりやすいという特徴があります。MACDという指標自体が、株価の動きに対してやや遅れがちであったため、ヒストグラムで実際に株価の動きを捉えることで、非常に有効なシグナルとなります。

今回はこのようなMACDヒストグラムの特徴を動画でわかりやすく解説いたしましたので、ぜひご覧ください!

カテゴリー: テクニカル指標, MACD |

上昇トレンドの崩れを狙う空売りのチャートパターン

日経平均株価は、新型コロナウイルス感染拡大の懸念やGDPの大幅減少の発表を受けて、24000円を超えることができずに下落傾向にあります。そこで今回は、上昇トレンドの崩れを狙う空売りのチャートパターンを解説いたします。

空売りというのは、株価が下落することによって利益が狙える手法です。最近では積極的に投資に取り入れている方を増えております。一見すると株価が下落するタイミングは難しくないように見えますが、実際は下がるように見えても押し目となって反発上昇することも頻繁にあります。そのため、上昇トレンドが大きく崩れるチャートパターンをしっかりと見極めることが大切です。実際のチャートで見てみましょう。

このように上昇トレンドが崩れるチャートパターンというのは、上昇トレンドが長く続いた状況で、3段上げとなった後に、25日や75日移動平均線を割り込む動きになります。重要なのは、上昇波動が1段目や2段目の初期段階で、移動平均線を割り込んだからといって空売りをしてしまうと、そこがちょうど押し目となって反発してしまう可能性があるということです。そのため必ず、3段上げを確認してからエントリーすることが非常に重要です。

また上昇トレンドが大きく崩れる時というのは、これまで買い続けた投資家が一斉に売りに回るときですが、そのタイミングとして25日や75日移動平均線を割り込んだときとなります。長期で保有していた投資家も利食い売りになるため、そのまま株価が下落し続けることになります。今回はこのような空売りのポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 空売り |

5分でわかるボリンジャーバンドのボックスパターン

日経平均株価は24000円を超えられず上値が重くなっていることから、個別株も動きが鈍ってきている銘柄が増えています。今回はトレンドがはっきりとしない銘柄にも有効な、ボリンジャーバンドのボックスパターンを見ていきましょう。

ボリンジャーバンドは、バンド幅が大きく拡大するトレンドフォローのパターンと、株価が一定幅で推移するボックスパターンの2つがあります。バンド拡大のパターンでは、見た目から大きくバンドが広がるので、比較的わかりやすいのですが、ボックスパターンの見極めが少し難しくなります。

まずボックスパターンではバンドの向きに注目します。バンドの拡大期と比較すると、一定幅で横向きになっていることがわかります。また中心線も同じく横向きになっていることでも判断ができます。ボリンジャーバンドがこのパターンになると、概ね±2σの範囲内で動くことになります。

そのため基本的な買いパターンとしては、バンドが横向きになった場合に株価が-2σまで下落したタイミングを狙います。万が一、-3σの方まで下落した場合は損切りとなりますが、反転してくれば+2σ付近までの利益狙うこともできます。

また注意しておきたポイントとして、±2σの値幅を確認することです。それによってボックスパターンで狙える利益が概ねわかります。今回はこのようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, ボリンジャーバンド |