株の達人マルチチャートで好みのテクニカル指標を表示する

日経平均株価は大きく急落しており、昨年10月以来、約6ヶ月ぶりに75日移動平均線も下回ってきました。TOPIXも同じく下落を強めており、個別株も総じて手仕舞い売りとなっています。今回は株のマルチチャートで好みのテクニカル指標を表示する方法をご紹介いたします。

株の達人マルチチャートでは、テクニカル指標を自由自在に表示することが可能です。画面上には、いくつもの指標を重ねて表示することでき、かつ線の色や太さなども自由に変更することが可能です。

こちらはマルチチャートの指標設定の画面ですが、移動平均線やオシレーターに加えて、ボリンジャーバンドやパラボリックなど様々指標を画面に同時に重ねることも可能となっています。またそれぞれで、色や太さだけでなく、位置なども自由に設定が可能です。

例えば、こちらは移動平均線にパラボリックやボリンジャーバンドを重ねており、下のストキャスティクスには買われすぎと売られすぎに色づけてしています。このような複雑なチャートも作り込むことができるので、自分好みにカスタマイズして使っていただくことができます。

このように株の達人のマルチチャートは非常に高機能ではありますが、操作方法もわかりやすく簡単です。また作ったチャートは登録しておきいつでも呼び出すことができるので、様々な売買スタイルにあわせて、素早く切り替えることもできます。

今回は、このようなマルチチャートの機能を動画でご紹介していますので、ぜひ御覧ください。

 

 

カテゴリー: テクニカル指標 |

パラボリックとMACDを組み合わせた売買ポイント

日経平均株価やTOPIXも横ばい状態で上値が重い中で、各個別株の動きも動きが鈍くなっています。今回はパラボリックとMACDを組み合わせた売買ポイントを解説いたします。パラボリックは単体でも十分に売買の判断が可能ですが、MACDを組み合わせると、より精度を高めることができます。

パラボリックは放物線という意味があり、株価の上昇と下降の動きを捉えるための指標となります。SARと言われる点線が株価よりも上にあれば下落、下にあれば上昇となります。ただし、これだけでは株価が保ち合いの状態など、トレンドが発生していない状態では、頻繁に転換を繰り返してしまうリスクもあります。

そこでMACDを加えて見ることで、MACDのウロスとパラボリックの転換点を同時にシグナルとして、ダマシも防ぐことができます。またMACDが横ばいの時は、トレンドが発生していないため、パラボリックが転換しても上昇していないところも確認ができます。

今回はこのようなMACDとパラボリックの組み合わせた売買ポイントを動画で解説いたしました。

カテゴリー: MACD, パラボリック |

株の達人・マルチチャートの活用方法 日足と分足を同時にチェック

日経平均株価及びTOPIXは依然として上値が重く、方向感が定まらない動きとなっています。個別株は小型株を中心とした物色相場となってきており、ランキングの上位に入ってくるような銘柄に短期資金が集中しています。そこで今回は短期トレードで有効な株の達人のマルチチャートの使い方を解説いたします。

こちらは株の達人のマルチチャートの画面となりますが、左側に分足、右側に日足を表示しています。マルチチャートでは画面分割も自由自在にでき、3分割から4分割、最大8分割まで表示できます。

加えて、銘柄をチェックする際も、すばやく銘柄を切り替えながら、順番に送ってみることができます。もちろん分足を日足を同時にチェックしていくことができますので、デイトレなどのタイミングも逃がしません。株の達人のオリジナルでもある転換足を合わせて見ていただければ、より短期トレードのタイミングも掴みやすくなります。

マルチチャートは非常に高機能ですが、ご自身の使いやすいようにカスタマイズすることができるので、快適にトレードしていただくことができます。本日はこのようなマルチチャートの機能を動画で解説いたしましたので、ぜひ御覧ください。

カテゴリー: 株の達人の機能のご紹介 |