初めてでもわかるトレンドラインの引き方

日経平均株価は、23000円手前で膠着しており上値が重くなっており、個別株も方向感がはっきりとしない銘柄も多く見られます。そこで今回は、初めてでもわかるトレンドラインの引き方を解説いたします。こういった状況の時ほど、トレンドラインを引き方を覚えていただくと、買うタイミングや方向性が判断できるようになります。

トレンドラインは安値と安値や高値と高値を結んで直線のラインをチャート上に引きます。その方向性や傾き度合いによって株価のトレンドや転換を判断することができます。まずはチャートで見てみましょう。

トレンドラインの利点は株価の上昇や下落の強さに合わせて、角度を自由に変えて引くことができることです。移動平均線のように数値で期間を固定するものではありませんので、株価の上昇や下降に合わせて、臨機応変に分析することができます。

また株価が下降トレンドに時には、目立つ高値と高値を結んでいただき、下向きのトレンドラインを引いて起きます。そのトレンドラインを上抜けてきた場合は、底打ちからの上昇転換する可能性が高くなります。また株価が上向きに上昇し始めた際は、安値と安値を結び上昇トレンドラインを引いておきます。そうすることで、株価が上昇トレンドを保っているかどうかが、明確に判断できます。

また高値や安値がトレンドラインを跨いで変化があった場合には、トレンドラインを引き直すことも大切です。加えて、上昇トレンドであれば株価の上昇が強まり、引いたトレンドラインから離れていってしまった場合も、トレンドラインを引き直して、株価の動きに合わせていくことが大切です。

今回はこのようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

 

 

カテゴリー: その他 |

短期売買に最適な銘柄のチャートパターン

日経平均株価は23000円が強く意識されており、上値が重い動きとなっています。しかし新興市場のような小型株の中には高値を更新しながら、短期間で大きく上昇し続ける銘柄も多くあります。そこで今回は強く上昇しているような短期売買に最適な銘柄を見つける方法を解説いたします。

株価が短期間で上昇していく際には、ほぼ同じようなパターンで上昇していきます。短期から長期までの移動平均線が順番に並んでいて、新高値を更新しんながら上昇していきます。また5日や10日の移動平均線を下回らずに上昇していくのも特徴です。

このパターンをパーフェクトオーダーと呼びますが、この状態になったのを確認してから短期売買で狙っていくと、しっかりと利益をだすことができます。一見すると非常に高値圏に見えても、株価は上がりやすい状態になっているため、短期移動平均線を割り込まずに上昇していきます。

チャートで確認してみましょう。

このチャートパターンでもわかるように、各移動平均線が上向きとなってから上昇がつよまっているのがわかります。特に高値を更新しはじめたポイントから強く上昇している様子がわかります。

大型株では、このような上昇にはなりませんが、新興小型株では多く見られるパターンです。株価が大きく上昇していく際には、ほぼ必ずといってよいほど、このパターンになります。ですので、いかに早くこのようなパターンになっている銘柄を見つけるかというのが短期売買の鍵といえます。

そこで株の達人の銘柄選択を使うと簡単に銘柄を見つけることができます

こちらは株の達人の銘柄選択画面ですが、条件は「短期売買向き強い銘柄選択」を選んで読み込むと、移動平均線が上向きの条件が自動的に設定されます。また株の達人の銘柄選択は、ザラ場中にリアルタイムで検索できるため、すばやく銘柄を見つけることができます。

今回は、このような短期売買に最適なチャートパターンのポイントを動画でわかりやすく解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), スイング |

人気のテーマから銘柄を見つける方法

日経平均株価は節目の23000円を超えて上昇しており、個別株全体もしっかりと買われています。日経平均株価はすでにコロナショックの前の水準まで戻しており、上昇が弱まる様子も見られません。今回は株の達人の機能でもある、テーマ別のグループ使って銘柄を見つける方法を解説いたします。

株の達人のグループの中には、「テーマ別」という項目があります。こちらクリックすると、人気のあるテーマがランキング別に表示されます。そのため、今後も注目される可能性の高いテーマも簡単に見つけることができ、同時にそのテーマに関係する銘柄も簡単にチェックすることができます。このテーマも毎週更新されますので、その都度人気のあるテーマを簡単に見つけることも可能です。

こちらは株の達人のチャート画面ですが、このように人気のテーマの一覧が表示されますので、見たいテーマを選んでチャート表示していただければ、素早くチャートでチェックすることができます。

またこのテーマ別の機能を銘柄選択と組み合わせると、より銘柄を絞り込んで掘り出し銘柄なども見つけていただくことができます。例えばテレワーク関連銘柄で好業績の銘柄や、バイオ関連で上昇トレンドになっている銘柄なども簡単に見つけ出すことができます。そのため人気のテーマに関連しているけれど、まだ目立っていないような掘り出し銘柄を探し出すこともできます。

コロナショック移行、社会の流れや仕組みが大きく変動しており、今後はこういったテーマによる銘柄選定が非常に重要になります。今回はこのようなテーマから銘柄を見つける方法を解説いたしました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), 株の達人の機能のご紹介 |