株の達人を使ったMACDのスクリーニング方法

新型コロナウイルスの感染拡大は続いており、昨日は政府から緊急事態宣言も発令されました。しかし株価は経済対策を期待してなのか下落するこなく買われていいます。そこで今回は株の達人を使ったMACDのスクリーニング方法を解説いたします。

MACDは個人投資家にも非常に人気のある指標です。とくに現在のような大きく売られすぎたところからの底打ちなどを判断する際にも有効な指標です。また見方も比較的わかりやすく、信頼度が高いとも言われているため、非常に有効です。

株の達人の銘柄選択では、このようなMACDがゴールデンクロスになっている銘柄をピンポイントでスクリーニングすることができます。またゴールデンクロスだけでなく、MACDの向きや値などから、よりイメージ近いような設定も可能です。

加えて、対象グループも東証1部などの市場だけでなく、今のテーマに沿った「新型コロナウイルス」関連や「遠隔医療」関連などに対象を絞って見つけることもできます。また設定した条件も保存して残しておくことが可能です。ここまで自由自在にスクリーニングができるツールは他にはありません。

今回は、このようなMACDのスクリーニングの方法を動画で解説しましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), MACD |

初心者にお勧め!短期売買のタイミングを掴む転換足の見方

新型コロナウイルスの感染拡大は続いており、欧米を中心とした主要国も次々と外出禁止を発表するなど、世界的なコロナ危機となっています。本日は初心者でもわかる短期売買のタイミングを掴む転換足の見方を解説いたします。

転換足は赤で株価が上昇、青で株価が下落とひと目で分かるのが特徴です。そのため株価の毎日の動きに翻弄されてしまう初心者の方にとっては、非常に有効な指標です。特に今のように株価が短期間で一方向に大きく動きやすい時期には、株価が下降から上昇する転換点が明確になるので、売買する上では強い味方になります。

このチャートからもわかりますが、転換足には足の色の転換だけでなく、転換足の位置が揃うというシグナルもあります。見た目上は、まだ色が転換していませんが、数日の間に色が転換する可能性が高いことを表しており、エントリーする上での心構えができます。また事前に少しでも早くエントリーしたい方は、転換足が揃った段階で早めに仕掛けるという判断もできます。もちろんそのまま下落してしまうリスクは高くはなりますが、そのまま転換すれば利益幅も非常に大きくなるので、積極的に売買したい方にはお勧めです。

本日はこのような転換足のポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 転換足(株の達人オリジナル指標) |

ボリンジャーバンドでわかる!株価が急反発するパターン

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は収まらず、株価も乱高下が続いています。日本市場は過剰に売られすぎた反動から買い戻しとなっており、強く反発しています。そこで今回は、ボリンジャーバンドを使った株価が反発するパターンを解説いたします。

ボリンジャーバンドは株価が大きく動き出すとバンドが拡大していきます。今回の急落相場でも多くの銘柄でボリンジャーバンドが拡大しながら急落しています。しかしボリンジャーバンドがしながら急落するということは、それだけ値動きが大きくなっている証拠でもあり、うまく反発を捉えることができれば、利益を狙うことができます。

まずはチャートで確認してみましょう。

この反発パターンのようにボリンジャーバンドが大きく拡大しながら下落していくパターンになると、-1σを下回ったまま一方向に下落が続いていきます。バンドの幅というのは、株価の値動きの大きさも表しているため、これまでにないような勢いで下落していくことになります。

そのような下落から急反発するシグナルとなるのが、株価が-1σを上抜けた時です。これによってバンドの幅が大きく広がっている反動から急激に逆方向に動くことになります。また、このチャートのように上昇の勢いが強ければ、バンドの上限である+2σまで上昇する可能性が高くなります。

今回は、このようなボリンジャーバンドの反発パターンの仕組みをわかりやすく動画で解説いたしました。ぜひ御覧ください。

カテゴリー: ボリンジャーバンド |