勝率を高めるRCIの実践的な見方

日経平均株価は27,000円手前で上値が重くなっており、個別株も軟調な動きとなってきています。今回はトレードの勝率を高めるRCIの実践的な見方を解説いたします。

RCIは株価の動きを把握するためには、非常に有効性のある指標です。特に株価が下がったポイントの下げ止まりを判断する際に有効です。計算方法は一定期間の株価の価格順位と日付の経過日数との相関係数から求めます。株価の過去の高安、値幅といったものは考慮されていませんので、どの銘柄の値動きにも合いやすいのも特徴です。

このチャートパターンでもわかりますように、RCIが上下に大きく動く中で、株価の動きも押し目を形成しながら上昇していることがわかります。またRCIの特徴として、下落調整期間が長めの深い押し目を付ける場合は-80%まで下落しており、下がりきっていますが、押し目が浅い場合は-50%付近でV字に切り返していることがわかります。また同時に転換足を見ますと、RCIが底値圏のところから赤に陽転して上昇しており、押し目のタイミングを的確に捉えています。

このように、売買タイミングを捉える際には、ローソク足や移動平均線だけでなく、転換足も見ていくと、勝率を一段と高めることができます。今回はこのようなRCIのポイントを動画を解説いたします。

カテゴリー: 転換足(株の達人オリジナル指標), RCI |

株価の動きに惑われないための転換足の見方

日経平均株価は27,000円に迫る勢いで上昇しており、個別株も連れ高する形で買われてきています。そこで今回は転換足を使った株価の値動きに惑われないための見方を解説いたします。

多くの個人投資家は、必ずローソク足を見て売買をしています。しかしながら上昇トレンドの際にローソク足の陽線が毎日続いてわかりやすく上昇すればよいのですが、実際はそのようなことは決してありません。多く場合は、小刻みな陰線や陽線を繰り返しながら、少しづつ上昇していきます。その毎日の陰線と陽線の繰り返しが、心理的に惑わされてしまう大きな要因となっています。

株の達人のオリジナルである転換足は、株価の方向性を導き出すことによって、上昇なら赤、下落なら青と視覚的に判断しやすくした指標です。そのため転換足が赤の上昇を示している時であっても、ローソク足では陰線になることがありますが、方向性が上昇であれば、そこでしっかりと持ち越しをするという判断ができます。

転換足は株価が下落しても、上昇の方向性が変わらなければ、赤の足が連続するように計算されています。そのためローソク足のように、陰線や下ヒゲで判断に迷うことがなくなります。また転換足は必ず上昇トレンドの状態で買いの判断をするということが非常に重要です。下降トレンドの状態では、転換足の赤が連続していきません。

このように普段のローソク足に転換足の要素を取り入れることで、売買判断の迷いが軽減できるようになります。今回はこのようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひ御覧ください。

カテゴリー: 転換足(株の達人オリジナル指標) |

ボリンジャーバンドでわかる急上昇のパターン

日経平均株価は26,000円を突発しており、先物主導で強く買われています。これにより出遅れていた個別株にも積極的に買いが入ってきており、相場全体が強気ムードとなってきています。そこで今回はボリンジャーバンドでわかる株価が急上昇するパターンについて解説いたします。

ボリンジャーバンドの見方は、大きく分けると2つあります。バンド幅というのは株価のボラティリティを表していますが、バンドの値幅がある場合においては、±2σの範囲内で株価が動いていきます。基本的には株価は±2シグマの間には95%の株価が収まるとされており、上部のバンドでは高値圏での売り、下部のバンドで底値圏での買い場とする見方が一般的です。

ですが急上昇するパターンを見つける際には、バンド幅が縮まった状態から、急激に+2シグマを株価が上抜けたところが、上昇のシグナルとなります。つまり通常の値動きと見方と逆になります。バンドの幅が縮まることで、エネルギーが溜まっている状態からの急激な上抜け上昇パターンとなります。ボリンジャーバンドによって株価が異常な動きをしているということを判断することができます。

このように、最近では好材料などをきっかけに急騰するパターンが多くなっています。そのような時はボリンジャーバンドに切り替えて見ていくことで、チャートの見え方が一変します。ローソク足の単純な上げ下げだけで判断するのではなく、テクニカル指標を使って客観的に見ていくことが重要です。今回はこのようなポイントを動画で解説いたしました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, ボリンジャーバンド |