上昇トレンドが継続しやすい銘柄の特徴

日経平均株価は25日移動平均線を割り込んだまま、上値が重い状況が続いています。NY市場もNYダウが高値更新しているものの、NASDAQ指数は依然として弱い展開となっています。日本市場も個別株では、銘柄によって上昇トレンドが継続している銘柄と崩れてきている銘柄が分かれており、その見極めが重要となっています。そこで今回は過去のチャートの形状からトレンドが続きやすい銘柄の特徴を解説いたします。

上昇トレンドが継続するためには、下値をサポートする移動平均線に沿って上昇し、前回の高値を更新する必要があります。株価が下がっても移動平均線が株価を下支えするということが重要です。また日経平均株価などの指数が下がっても、この状態を崩さずに推移することも条件の一つです。指数が下がると当然に連れ安することが多くなりますが、それでも途中で下げ止まり、その後に反転することを、しっかりと確認することが重要なポイントとなります。

またこのようなパターンのように、トレンドが崩れる時は、株価が高値を更新できずに下がりはじめて、これまで下支えしていた移動平均線を割り込んできます。これによって株価は天井形成となって下降転換となります。

現在の相場状況では、個別株ごとのトレンドの見極めが非常に重要です。25日移動平均や75日移動平均を軸に、高値更新できているかどうかをポイントとして見ていくのがお勧めです。今回はこのようなポイントを動画で解説しておりますので、ぜひ御覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 移動平均線 |

一目均衡表の転換シグナル 三役好転と三役逆転

日経平均は下落調整の動きとなっており、個別株も不安定な動きとなってきています。そこで今回は、トレンドを判断する方法として非常に有効な一目均衡表の三役好転と三役逆転を解説いたします。

一目均衡表の転換シグナルとしても、もっとも有名なのが三役好転と三役逆転です。現在のようにトレンドが転換しつつある銘柄が増える中で、現状の株価の状態を知る上で非常に参考となります。

一目均衡表の三役好転とは、1.転換線が基準線よりも上にある、2.遅行スパンが日々線を上回っている、3.株価が雲を上抜けている、という3つの条件がそろうと、そこから株価は上昇基調に転換します。またこの逆パターンとしては三役逆転があり、株価が下がりやすい下降基調のパターンとなります。

このチャートパターンでもわかるように、三役は同じ時期に条件が揃うのではなく徐々に一つづつ転換してきます。多くの場合は、一目均衡表の雲を最終的に上抜けることが最後の条件となることが多いです。

また現在のトレンドを知る上でも、三役好転している銘柄と三役逆転している銘柄では、まったく上昇の強さが違うため、市況が不安定なときほど、銘柄選びをする上で参考になります。今回はこのような一目均衡表の三役好転、三役逆転について詳しく解説いたしました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: 一目均衡表 |

移動平均線乖離率の見方と売買ポイント

日経平均株価は30,000円を割り込んで反落傾向にあり、利益確定売りの動きが強まっています。そこで今回は株価の過熱感や割安感を判断する移動平均線乖離率のポイントを解説いたします。

移動平均線乖離率とは、株価が移動平均線から何%離れているかというのを表した指標です。株価は移動平均線から大きく離れると、再び移動平均線まで戻るという平均回帰の特徴があり、それを利用して高値圏や安値圏を判断します。

このチャートパターンを見ると、移動平均線乖離率が5%を超えて、8%近くになると高値圏から下落調整していることがわかります。移動平均線乖離率は、銘柄によって高値になる値が全く違うため、必ず過去に高値を付けた値を確認しておく必要があります。

このトヨタ自動車のパターンでも、11月と12月に高値を付けた乖離率の値まで上昇したところから、今月も反落しているのがわかります。移動平均線乖離率は上限や下限がないため、銘柄によって30%まで上昇するということもありますが、概ねその銘柄によって限界値が決まっています。そこを見極めて判断するのが重要なポイントとなります。

カテゴリー: 移動平均線 |